[米国]下院が最低賃金を倍増させる法案を可決

[米国]下院が最低賃金を倍増させる法案を可決

 2009年以来、据え置かれていた連邦政府の定める労働者の最低賃金を2025年までに時給7ドル25セントから15ドルに倍増させる法案(Raise the Wage Act)が、2019年7月18日、米議会下院で可決されました。下院は、民主党が過半の議席を握っており、定数435のところ、231対199の賛成多数で可決しました。
 以前のブログでも紹介しましたが、注目される点は、この法案には、障害者の最低賃金除外規定を段階的に廃止する内容も含まれていることです。
 米国には、1938年に成立した「公正労働基準法(Fair Labor Standards Act:FLSA)」があり、事業主が障害者の生産性が低いことを証明して労働局長に申請すれば、最低賃金の適用除外が認められています。これは、14(c)認証(14(c) certificates)と呼ばれています。
 この法律は、労働省(Department of Labor)に対して、14(c)認証の新たな発行を中止することを求めています。
 障害者の最低賃金法除外規定を廃止しようとする動きは、これまでも繰り返し行われてきました。その結果、ニューハンプシャー州、メリーランド州、アラスカ州の3つの州では、障害者に対する最低賃金未満の支払いに対する独自の制限を加えています。
 今回、このような法律が下院で可決されたのは初めてのことです。しかし、与党・共和党が過半数を握る上院はこの法律を採決しない方針で、法律の成立は困難だろうと考えられています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
 https://www.congress.gov/bill/116th-congress/house-bill/582/text
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ