[日本]国土交通省が交通事業者による接遇研修充実のためのモデルプログラムを作成

[日本]国土交通省が交通事業者による接遇研修充実のためのモデルプログラムを作成

 2019年4月10日、国土交通省は、2017年2月に決定された「ユニバーサルデザイン2020行動計画」を踏まえ、交通事業者による接遇研修を充実し、高齢者や障害者等に対する一定水準の接遇を確保するための研修モデルプログラムを作成しました。
 「ユニバーサルデザイン2020行動計画」では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、政府全体で「心のバリアフリー」に取り組むこととされています。
 国土交通省は、同行動計画に基づき、高齢者や障害者等に対する交通事業者による一定水準の接遇を確保すべく、2018年5月に「交通事業者向け接遇ガイドライン」を作成・公表しました。
 さらに、今回、この「交通事業者向け接遇ガイドライン」の実施を促進するため、「交通事業者向け接遇研修プログラム作成等のための検討会議」において検討を行い、交通事業者による接遇研修を充実するための研修モデルプログラムを作成したものです。
 同研修モデルプログラムは、鉄軌道編、バス編、タクシー編、旅客船編、航空編の5種類があり、それぞれが次のようなカテゴリーから構成されています。
 カテゴリ1:基本理念の理解
       [1]職場のバリアから考える接遇の心構え
       [2]法令や社会的背景から学ぶ「心のバリアフリー」の基本
 カテゴリ2:障害理解と接遇技術の基本
       [3]障害の特性と基本の接遇方法
       [4]接遇ガイドラインに基づく接遇方法
       [5]接遇方法の実技実習
       [6]障害の疑似体験
 また、研修時の配布用資料として副教材も用意されています。
 さらに、研修講師の依頼先として、障害当事者講師の障害窓口・研修実施団体/企業リストもあり、かなり充実した内容になっています。
 くわしくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_tk_000176.html
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000197.html
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
1位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ