[米国]自閉症ケア法の再承認のための法案提出

[米国]自閉症ケア法の再承認のための法案提出

 2019年2月7日、民主党のマイク・ドイル議員と共和党のクリス・スミス議員は、自閉症ケア法を再承認するための法案を下院に提出しました。
 法案の名称は、「自閉症ケア法2019(Autism CARES Act of 2019 (HR 1058))で、「自閉症ケア法2014(Autism CARES Act of 2014 (P.L. 113-157))が、2019年に失効することから、その延長を求めるものです。
 自閉症ケア法の前身は、2006年に成立した「自閉症克服法(Combating Autism Act.)」で、それが「2014年自閉症ケア法」により5年間が延長されたものを、さらに5年間再度延長しようとする法案です。
 自閉症の研究・調査・専門家養成、早期発見などのため、国立衛生研究所(NIH)、疾病管理センター(CDC)、および保健資源管理局(HRSA)のプログラムへ10億ドル以上の資金提供をします。
 今回の法案では、次のような内容に特徴があります。
・自閉症およびその他の発達障害に関連する活動の進捗状況、ならびに自閉症スペクトラムの人々の健康および福祉について、保健福祉省(HHS)に対して、議会に報告するよう要求する。
・NIHに対し、あらゆる年齢の自閉症者の発見と結果の改善を目的とした研究を実施するよう指示する。
•医療提供が不十分な地域の発達行動小児科医に対する助成金を優先的に配分するようHRSAに指示する。
•子供だけでなく、すべての年齢の自閉症スペクトラム障害を持つ個人に対する研究、調査、教育、発見、介入の必要性を反映するように、公衆衛生サービス法(PHSA)の一部を修正する。
 詳しいことは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.insidernj.com/press-release/smith-bill-reauthorize-landmark-autism-law-introduced-house-hr-1058/
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ