[オーストラリア]政府が障害者特別住宅の普及を促進

[オーストラリア]政府が障害者特別住宅の普及を促進

 2019年2月8日、ポール・フレッチャー(Paul Fletcher,)家族・社会サービス大臣とサラ・ヘンダーソン(Sarah Henderson)社会サービス・住宅・障害補佐大臣は、2018年12月に作成されたオーストラリア政府評議会障害改革評議会(Council of Australian Governments Disability Reform Council)による「障害者特別住宅(Specialist Disability Accommodation:SDA)見直しに関する報告書」に対応し、国民障害保険制度(National Disability Insurance Scheme:NDIS)の利用者に対する障害者特別住宅の建設を促進するための改革を即時に実施することを発表しました。
 NDISは、重度障害者のためのパーソナルアシスタントの制度で、オーストラリア政府が導入を進めています。障害者特別住宅は、その一環で、重度障害者やその家族のニーズに合致した住宅で、民間のディベロッパーが建設しています。障害者住宅の普及と、民間投資の促進を目的とした制度です。
 現状では、まだ、試行段階にどとまっていますが、NDISが本格的に展開されると、約2万8千人の利用者から年間約7億ドルの家賃の支払いがあると期待されているとのことです。
 詳しいことは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.paulfletcher.com.au/media-releases/joint-media-release-governments-take-action-to-increase-specialist-disability

関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ