[米国]有給休暇制度が障害者等のニーズに合致しているかについてのレポート

[米国]有給休暇制度が障害者等のニーズに合致しているかについてのレポート

 ワシントンDCに本部を置く、知的障害者と発達障害者の支援団体であるArcは、2019年2月4日、有給休暇制度が障害者と彼らを取り巻く人々のニーズに合致しているのかについて分析したレポートを公表しました。
 レポートのタイトルは、「有給休暇についての障害者からの観点 障害や健康上の大きな問題を抱える労働者の休暇取得に関する質的分析(Disability Perspectives on Paid Leave
A Qualitative Analysis of Leave-taking Among Workers Affected by Disabilities or Serious Health Conditions)」です。このレポートは、コロンビア大学全国貧困児童センター(National Center for Children in Poverty at Columbia University)と共同で実施した研究の報告書です。
 レポートには、次のような研究結果が示されています。
 ・労働者は、障害など様々理由で退職を余儀なくされる。
 ・労働者は、働きながら障害などに対応できる時間を最大限に長くしたいと考えており、そのためには有給休暇やその他の退職に伴う制度は有効である。
 ・労働者は、育児介護休業法(Family and Medical Leave Act:FMLA)が役に立つと考えている。しかし、この利用には、多くの制限がある。
 そこで、全国的に有給休暇の制度を創設することが望ましいというような結論を出しています。
 日本人にとっては、なにをいまさら研究しているのかという感がありますが、米国の民間企業において有給休暇制度は一般的ではなく、育児介護休業法も、最長12週間、もとのポストは維持されるものの、無給であり、対象となる企業も一定数の授業員のいる企業であったりして、日本のように有給休暇が一般的ではないために、障害や病気になったときに有給休暇を使えたら良いのではないかという発想で研究がおこなわれています。
 レポートは下のサイトからダウンロードできます。(寺島)
 https://www.thearc.org/paidleavestudy
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ