[福祉機器]拡張現実の技術を用いた眼鏡

[福祉機器]拡張現実の技術を用いた眼鏡

 ボストンにあるZoomax(USA)という企業は、2018年12月19日、Acesightという電子眼鏡を開発したと報告しました。この眼鏡は、拡張現実(Augmented Reality:AR)の技術が使われており、老人黄斑変性、網膜色素変性症、緑内障、糖尿病網膜症、白内障など多くの疾患に有効であるとのことです。
 この電子眼鏡には、カメラが内蔵されており、使用者の眼の動きに応じて、その見ているところの映像を両眼の前にある高解像度ディスプレイに映し出すという構造です。映像は加工され、使用者の眼の状態に応じて、適切な加工処理がなされます。
 例えば、視野狭窄の場合は、残存している視野部分に、外界の映像を凝縮して明瞭な映像で流します。また、中心視野欠損の場合は、映像を拡大して表示します。
 映像の拡大、縮小以外にも、色を変えたりすることもできますので、色覚障害の場合にも使用できるという具合です。FDAの承認もうけているとのことです。
 Zoomax(USA)は、中国のZoomaxの子会社で、ウェアラブル製品などを開発・製造しているとのことです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.acesight.com/
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ