【セミナー】読み書き障害児の教育支援「デイジー教科書」12月6日(木) 有楽町 残席わずか

【セミナー】読み書き障害児の教育支援「デイジー教科書」12月6日(木) 有楽町 残席わずか

「障害者週間連続セミナー」  来週の12月6日(木)14:10-16:00
場所:有楽町朝日ホール (東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
タイトル:「読み書き障害児の教育支援 -デジタル教科書(デイジー教科書)の取り組みと今後の課題ー」
   
当協会では、平成20年度から発達障害など読みの困難がある児童生徒にデイジー教科書を製作・提供しています。
当初80名だった利用者は、昨年度8千名を超えましたが、一部に限られています。
そこで更なる普及を目指し、学校現場での成果や課題等について、行政、特別支援教育の専門家、製作者等による意見交換を行います。

受付:http://kokucheese.com/event/index/544381/

※ 残席わずかになってきました。当日の受付はキャンセル待ちの場合がございます。
  ご希望の方は、お早めにお申し込みをお願いいたします。

問い合わせ先:日本障害者リハビリテーション協会
Tel:03(5273)0601 Fax:03(5273)1523
E mail:soumu@dinf.ne.jp
参加費:無料 情報保障:手話・要約筆記
--------------------------------------------------------------
プログラム

 14:10- 挨拶 
福母淳治(日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)  

14:15- 厚生労働省における発達障害への取り組みについて
    加藤 永歳(厚生労働省 発達障害対策専門官)

14:35- 文部科学省における音声教材の取り組みについて 
    (文科省 教科書課 担当官)
    
14:55- デイジー教科書の導入・活用について 
    金森 裕治(大阪教育大学 特別支援教育講座 特任教授)

15:15- デイジー教科書の製作について
     - 理数系教科の製作における課題と今後 -
鈴木 昌和(特定非営利活動法人サイエンス・アクセシビリティ・ネット 代表理事) 

15:35- 休憩

 15:45- パネルディスカッション
「デジタル教科書(デイジー教科書)の取り組みと今後の課題」  
モデレーター:西澤 達夫(日本障害者リハビリテーション協会 参与) 

 16:00 終了   

総合司会 村上 博行 (日本障害者リハビリテーション協会 課長)
   
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
8位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ