[英国]ダイレクトペイメントの問題点を指摘した障害者団体のレポート

[英国]ダイレクトペイメントの問題点を指摘した障害者団体のレポート

 2018年10月18日、障害当事者の団体である、マートン自立生活センター(Merton Centre for Independent Living:MCIL)が、ロンドンのマートン自治区(Mmerton Brough)による、成人の障害者介護の問題点を指摘したレポートを公表しました。
 レポートのタイトルは、「選択、自己決定、自立生活:ケア法を実践する(Choice, Control and Independent Living: Putting the Care Act into Practice)」です。96ページからなり、マートン自治区の障害者介護の問題点として、主に、ダイレクト・ペイメントを取り上げています。予算削減を目的に必要なサービスについての再評価を実施している、その結果、重大なサービス低下を引き起こしている、ケア法の内容を正しく実施すべきであるというような内容になっています。
 ご存じのように、ダイレクトペイメントとは、直接払いのことで、ヘルパーなどの派遣費用を自治体が事業者に支払うのではなく、評価の結果、あらかじめ決められた額を自治体が本人の銀行口座に振り込んだり、その額を入金したプリペイドカードを本人に渡す方式で、ヘルパーの採用や支出の管理を本人が行うという方式で、先進国の多くの国が採用しています。
 このレポートは、英国のダイレクトペイメントの実態がよくわかって興味深いものでした。ご一読を!下のサイトにあります。(寺島)
https://www.mertoncil.org.uk/assets/documents/choice-control-and-independen
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ