[ミャンマー]ILOが労働法に関する質疑応答集を公表

[ミャンマー]ILOが労働法に関する質疑応答集を公表

 ILOミャンマー連絡管事務所は、ミャンマーの労働法に関する質疑応答集を公表しました。
 ミャンマーは、識字率の高さ、人件費の低さ、労働人口の豊かさにより、近年、世界の国々の企業が生産拠点をそこに移す動きが活発です。
 しかし、ミャンマーの労働法はかなり古く、複雑で、法制改革活動などのとりくみがILOの支援により展開されています。また、一方で、ILOは、現状の法律の仕組みを解説したりしています。
 2017年9月には、ILOは、「ミャンマー労働法ガイド(Guide to Myanmar Labour Law)を発刊し、ミャンマーの法律について紹介しましたが、2018年7月18日、質疑応答集(Understanding the Myanmar Labour Law: FAQs for workers)を公表しました。
 この応答集には、雇用主向けと労働者向けがあり、労働可能年齢、労働時間、雇用契約、最低賃金などについて解説しています。
 その雇用主版のなかに、障害者雇用についての記載があり、それによれば、「2015年障害者の権利に関する法律」により、障害者雇用率が定められたそうですが、具体的な雇用率は未定であり、また、その準備も行われていなとのことです。
雇用主向け質疑応答集は、
https://www.ilo.org/yangon/publications/WCMS_634853/lang--en/index.htm
労働者向け質疑応答集は、
https://www.ilo.org/yangon/publications/WCMS_634852/lang--en/index.htm
ミャンマー労働法ガイドは、
https://www.ilo.org/yangon/publications/WCMS_577563/lang--en/index.htm
にあります。
 また、ガイドの日本語訳もあります。(寺島)
https://www.ilo.org/yangon/publications/WCMS_626734/lang--en/index.htm
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ