[米国]アクセシビリティ技術のギャップに関するレポート

[米国]アクセシビリティ技術のギャップに関するレポート

 雇用とアクセス技術に関するパートナーシップ(Partnership on Employment & Accessible Technology:PEAT)は、2018年5月に実施した、アクセス技術におけるスキルの差(Accessible Technology Skills Gap)についての調査結果をまとめました。
 PEATは、米国労働省障害者雇用政策局(Office of Disability Employment Policy:ODEP)が開設し、北米リハビリテーション工学協会(Rehabilitation Engineering and Assistive Technology Society of North America :RESNA)が運営管理をしている組織で、すべての被雇用者のために、技術をよりアクセシブルにするために多様な人々のネットワークづくりを支援することを目的にしています。
 調査は、加盟団体と協力団体宛に、それぞれの組織のアクセス技術におけるスキルについて質問するという方法で行われました。
 その結果、70団体から回答があり、次のようなスキルの差があることがわかりました。
 ○回答した組織の84%が、アクセス技術の開発者およびデザイナーを採用することが非常に重要または重要と答えた。
 ○回答した組織の60%が、アクセス技術のスキルをもった求職者をみつけるのが非常に困難または困難と答えた。
 ○回答した組織の63%が、現在、その組織の目標を達成するためのアクセス技術のスキルをもったスタッフがいないと答えた。
 ○回答した企業の55%が、新しく開発者やデザイナーになるためのは、アクセスの知識をもっていることが経歴として必要と答えた。
 ○回答した企業の41%が、アクセシビリティについての能力を証明する証明書があれば採用において有利になると答えた。
 詳しくは、下のPEATのウェブサイトをご覧ください。(寺島)
 http://www.peatworks.org/skillsgap/infographic
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
5位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ