[米国]映画の登場人物の障害者の割合などを調査

[米国]映画の登場人物の障害者の割合などを調査

 南カルフォルニア大学コミュニケーション・ジャーナリズム校のアネンベルグ・インクルージョン・イニシアチブ(Annenberg Inclusion Initiative of the University of Southern California’s Annenberg School for Communication and Journalism)は、2007年から2017年までの人気映画1,100作品について、登場人物の性別、人種、民族、障害やLGBTの有無等について調査した結果を研究報告書としてまとめました。
 報告書のタイトルは、「1,100の映画作品における不平等:2007年から2017年までの、性、人種/民族、LGBT、障害についての調査(Inequality in 1,100 Popular Films: Examining Portrayals of Gender, Race/Ethnicity, LGBT & Disability from 2007 to 2017)」です。
 そのうち、障害者についてみれば、米国の障害者の人口比は18.7%であるにもかかわらず、セリフのある登場人物の2.5%が障害者である。その内訳は、身体障害が61.6%、精神障害が26.8%、コミュニケーション障害が30.4%であり、男性は69.6%、女性が、30.4%である。また、主人公が障害者であった作品は14しかなかったなどを報告しています。
 障害以外にも、性別や人種など、また、映画監督や脚本家の性別などについても言及しています。詳しいことは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://assets.uscannenberg.org/docs/inequality-in-1100-popular-films.pdf

関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ