[カナダ]ブリティッシュ・コロンビア州でインシュリン・ポンプの対象を全年齢に拡大

[カナダ]ブリティッシュ・コロンビア州でインシュリン・ポンプの対象を全年齢に拡大

 カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州政府によれば、2018年7月3日から1型糖尿病患者を中心にインシュリン・ポンプを必要とする人にそれを給付することにしたそうです。
 それまでは、25歳までの1型糖尿病患者にはポンプを給付されていたのですが、インシュリン・ポンプの使用には、年間6,000から7,000カナダドルほどかかるとのことで、25歳になると自費で支払うか、インスリン注射にもどるかしていたそうです。今回の制度改正により、年齢制限なく給付されるとのことです。
 ブリティッシュ・コロンビア州には485,000人の糖尿病患者がいて、そのうち、ポンプを必要としている25歳以上の患者は830人で、その人たちが恩恵をうけるとのことです。これにより、カナダでは3州で年齢制限が撤廃されたことになるとのことです。
 詳しいことは、下のブリティッシュ・コロンビア州政府のサイトをご覧ください。
 https://news.gov.bc.ca/releases/2018HLTH0060-001168
 なお、インシュリン・ポンプは、腹部のベルトにつける携帯型の装置で、装置から伸びた注射針が腹部にささっていて、一定時間にインシュリンを注射します。インシュリンがまったく出ていない1型糖尿病患者にとっては画期的な装置です。最近は、コンピュータとセンシング技術の進歩により、血糖値の表示を見てインシュリンを注入することができるようになっていたり、また、機械が血糖値を測定して、低血糖になりそうなときには、自動でインシュリン注入が中止されるインテリジェントタイプのものも販売されています。また、今後、高血糖になると自動的にインシュリンが注入されるポンプも発売される予定であるといわれています。(寺島)

関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ