[ガーンジー]アイルランドとオーストラリアの法律をモデルに障害者差別禁止法を作成

[ガーンジー]アイルランドとオーストラリアの法律をモデルに障害者差別禁止法を作成

 ガーンジー・プレス(Guernsey Press)2018年4月6日版によれば、イギリス王室属領のガーンジー(Bailiwick of Guernsey)では、国連障害者権利条約を遵守した同国の障害者差別禁止法の作成にあたって、アイルランドとオーストラリアの-障害者差別禁止法をモデルにすることにしたとのことです。
 カーンジーは、イギリス海峡のチャンネル諸島に位置するイギリス王室属領で、主権国家ではありませんが、独自の議会と政府を持っており、高度の自治権を有しているとのことです。
 政府担当の雇用・社会保障委員会委員長のMichelle Le Clerc女史によれば、法律を最初から作成するより、他の国々の法律をモデルにしたほうが早いとのことで、アイルランド国立大学ガルウェイ障害者法・政策センター(National University of Ireland Galway’s Centre for Disability Law and Policy)のキリバン博士(Dr Shivaun Quinlivan)と、バックレイ博士(Dr Lucy-Ann Buckley)に依頼して、英国、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、香港の障害者法のどれをモデルにしたらよいかを検討してもらったとのことです。
 その結果、アイルランドの平等法(Equal Status Acts, 2000-2016)と雇用平等法(Employment Equality Acts, 1998-2015)、および、それらの法律作成時に参考にしたオーストラリア障害者差別禁止法(Australian Disability Discrimination Act, 1992)をモデルにすることにしたということです。
 以前は、来年の第一四半期には法律案を議会に提出するとしていましたが、それは無理としても、この方法により法案を早急に作成すできると期待されているとことです。
 記事は、下のサイトにあります。
 https://guernseypress.com/news/2018/04/06/disability-law-to-be-based-on-irish-and-australian-models/
 また、Michelle Le Clerc女史のツイッターは、次のサイトです。(寺島)
https://twitter.com/mkleclerc
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
8位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ