[米国]航空アクセス法のサービス・アニマルに関する規定に対するパブリックコメントを募集

[米国]航空アクセス法のサービス・アニマルに関する規定に対するパブリックコメントを募集

 米国運輸省(U.S. Department of Transportation (DOT))は、2018年5月16日、航空アクセス法(Air Carrier Access Act(ACAA))のサービス・アニマル(service animal)に関する規定の改正に対するパブリックコメントを求めています。
 サービス・アニマルは、障害者を支援する動物で、わが国では、補助犬として、盲導犬、聴導犬、介助犬が法律で認められていますが、米国では、より広く認められていて、ヘビ、爬虫類、齧歯類、クモなどを除き、航空会社は、航空アクセス法に基づき、原則的に乗客がサービス・アニマルと搭乗することを拒否できないことになっています。
 しかし、サービス・アニマルに関する航空会社への苦情が2016年には2,443件、2017年には2,499件寄せられ、その60%は、情緒的に支持する動物(emotional support animals:ESA)と精神医学的なサービス動物(psychiatric service animals: PSA)に関するもので、これらの動物を受け入れられなかったという乗客からの苦情です。たとえば、クジャク、カモ、七面鳥、ブタ、イグアナなどいろいろな動物と搭乗しようとして拒否されたものです。
 航空会社はこのような動物に対応することに懸念を表明しており、他の乗客が噛まれたり、動物が大小便をするとか、ペットの航空運賃を支払わないですませるために活用している乗客がいるのではないか、などの問題を取り上げています。
 このようなことから、新しいルール作りをすることを提案しており、それについてのパブリックコメントを求めています。有効期間は公表から45日間です。
 米国運輸省のサイトは下のとおりです。パブリックコメントを求める文書には航空アクセス法の解説もされていますので必見です。(寺島)
 https://www.regulations.gov/document?D=DOT-OST-2018-0068-0001
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ