[英国]鉄道スタッフ向けトレーニングガイド

[英国]鉄道スタッフ向けトレーニングガイド

 2018年5月18日、ゴヴィア・テムズリンク・レールウェイ(Govia Thameslink Railway:GTR)という旅客列車運行会社からスタッフ向けのトレーニングガイドが発行されました。
 ご存知のように、英国は、1994年の国鉄民営化により、列車運行とインフラ管理は、完全に別会社が担当する上下分離方式となっています。列車運行に関しては、旅客列車も貨物輸送会社もそれぞれ複数の列車運行会社により運行されています。GTRは、イングランドでフランチャイズ方式により、テムズリンク(Thameslink)、グレートノーザン(Great Northern)、サザン(Southern)、ゲトウィック・エクスプレス(Gatwick Express)を運営しています。
 GTRから発行されたスタッフ向けのトレーニングガイドは、「ピットストップ 定時運行のための重要原則(PitStop –Key principles for managing station dwell times)」というタイトルで、定時運行をするための留意点、方法、優先順位などについて具体的に示しています。例えば、自動でアナウンスされる内容を繰り返し口頭では行わない、10分未満の遅延については謝らない、遅れて走ってくる乗客を乗車させるためにドアを開けて待たないなどが書かれています。
 ところが、このガイドに対して、障害者からの要望に反するとして批判が出ています。例えば、重要原則に、安全(Safety)、スピード(Speed)、効率性(Efficiency)、プロフェッショナリズム(Professionalism)が挙げられているが、アクセシビリティが挙げられていない。
 介助者が必要にもかかわらず到着駅に介助者がいない場合には、介助者がいる近くの駅まで行きタクシーを使うことを勧めるというという方式は、乗車について事前予約を求めるもので、駅に十分なスタッフを置くというこれまでの要望に反する等が指摘されています。
 批判のサイトは、下のとおりです。
https://abcommuters.wordpress.com/2018/05/18/exclusive-full-copy-of-gtrs-staff-training-document-which-discriminates-against-disabled-passengers/
 また、トレーニングガイドは、下のサイトにあります。(寺島)
https://abcommuters.files.wordpress.com/2018/05/pit-stop-gtr.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ