【支援技術】AIによる障害者支援をMicrosoft社が発表

【支援技術】AIによる障害者支援をMicrosoft社が発表

AIによる障害者支援をMicrosoft社が発表

Microsoftの本社があるシアトルで5月上旬に開催された開発者向け会議Build2018で、AIによる障害者支援のプログラムが発表されました。
プログラムの名称は、”AI for Accessibility”で、今後5年間に2,500万ドル(日本円で約28億円)を投じることを発表しました。AI技術を適応することで、世界中の10億人を超える障害を持つ人びとを支援して、もっとインクルーシブな世界を実現しようと開発者に向かって呼びかけました。
具体的な事例として紹介されたのは、視覚障害者向けの文字や物の認識ソフト、聴覚障害者向けの音声認識ソフトなどです。
数年後には、AI技術の応用が広がるとともに、IOTで様々な物がネットワークに繋がることで、最初から様々な障害持つ利用者を前提にした機器やサービスの提供が当たり前になることが期待できそうです。
発表内容詳細は、下記を参照ください。(英語)
http://www.microsoft.com/en-us/ai-for-accessibility
(西澤)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ