[英国]雇用・生活支援手当受給者減少の理由

[英国]雇用・生活支援手当受給者減少の理由

 福祉改革センター(The Centre for Welfare Reform Ltd)は、福祉国家の改良を目的にしている英国の民間団体で、いろいろな調査研究、論文・報告書の作成、インターネット図書館の運営、本の出版などを行っています。その論文の中に、近年の英国の福祉改革において障害認定方法が、基準準拠型(criterion-referencing)から集団準拠型(norm-referencing)に変更になったことにより、英国の障害者手当受給者の減少を招いているという見解を示したものがありました。
 論文名は、「適職評価における悲惨さの本当の理由に関する調査(Investigating the real reason for the misery of 'fit for work' assessments)で著者は、カリヤ・フランクリン(Kaliya Franklin)です。
 本論文によれば、近年の英国の福祉改革の中で、それまでの所得保障手当(Income support:IS)と就労不能手当(Incapacity Benefit:IB)に代わって雇用・生活支援手当(Employment and support allowance:ESA)が導入され、その認定に労働能力評価(Work capability assessment:WCA)が実施されることになり、しかも、それをAtosという民間団体に委託した。しかし、その結果、受給者が減少し、必要な障害者に手当が支給されなくなった。この原因は、以前の障害認定は、基準準拠型であり、一定の障害状態にあれば、手当が支給されていたものが、新しい障害認定は、統計調査に基づく集団準拠型に変更になったために、一定の障害状態にあり、かつ、統計的な障害のランクに該当しないと手当を受給できなくなったためであると主張している。
 論文は、http://www.centreforwelfarereform.org/library/by-az/how-norms-become-targets.htmlからダウンロードできます。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ