[EU]施設から地域密着型のケアへの移行に関する専門家グループの声明

[EU]施設から地域密着型のケアへの移行に関する専門家グループの声明

 「施設から地域密着型のケアへの移行に関する専門家グループ(European Expert Group on the Transition from Institutional to Community-based Care (EEG))」は、2018年5月2日、2020年以降の構造・投資基金(European Structural and Investment Funds:(ESIF))の配分に関して、声明を発表しました。
 ESIFは、欧州地域開発基金(ERDF)、欧州社会基金(ESF)、結束基金(CF)、地域開発のための欧州農業基金(EAFRD)、欧州海事漁業基金(EMFF)の5つの基金の総称で、EU域内の地域間の経済的・社会的不均衡の是正、拡大予防を行うことを目的とする結束政策(Cohision Policy)を支援する目的をもっています。つまり、欧州域内の開発の遅れた地域を支援するための基金です。
 この基金の規模は、現在実施中の2014-2020の計画期間では、4,400億ユーロ以上であり、さまざまな分野に配分されています。
 基金の配分については、EU規則(Common Provision Regulations (CPR), REGULATION (EU) No 1303/2013)で定められており、その第9条第1項には、目的とするテーマが示され、その一つにソーシャルインクルージョンの推進、貧困と差別削減があり、配分の条件が付表11に示されており、脱施設化の状況がその基準の一つになっています。また、第5条には、市民組織と利用者の参加が歌われています。
 同グループは、これらの内容をを評価しており、2020年以降の計画においても、当事者・利用者参加、脱施設化をさらに発展させることを求めています。
 専門家グループは、障害者、児童、ホームレスなどの当事者団体、家族団体、国連人権高等弁務官事務所ヨーロッパ地域事務所、ユニセフなどの国際機関などが構成メンバーになっています。
 声明は下のサイトをご覧ください。
 https://deinstitutionalisation.com/2018/05/02/statement-on-the-post-2020-regulations-for-eu-funding/
 EU規則は下のサイトです。(寺島)
 http://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/HTML/?uri=CELEX:32013R1303&from=EN
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ