[米国]教育省の苦情対応に対する新しいマニュアル

[米国]教育省の苦情対応に対する新しいマニュアル

 2018年4月2日付disability scoopによれば、教育省(Department of Education)は、新しい「ケース対応マニュアル(CASE PROCESSING MANUAL:CPM)」を作成し、3月5日からその使用を始めたのですが、そのマニュアルでは、すでに教育省に対して繰り返し提出された苦情と同じ苦情は調査せずに却下できるようになったとのことです。
 米国には、インターネットを介して、教育省に対して苦情を申し立てる多くの市民が存在するとのことですが、一部の市民は一人で何百件もの苦情を申し立てるため、それらの苦情を排除することを一つの目的としているとのことです。
 教育省のスポークスウーマンのElizabeth Hillさんによれば、2017年に12,000件の苦情が寄せられましたが、そのうちの23%は、3人のこのような市民からの苦情であったとのことです。
 マニュアルによれば、いったん却下されると再度受領はされず、不服があれば弁護士を雇って法的手段に訴えるしかないとのことです。
 記事は、下のサイトでみることができます。
(https://www.disabilityscoop.com/2018/04/02/new-ignore-disability-complaints/24924/)
 また、マニュアルは次のサイトにあります。  (寺島)
https://www2.ed.gov/about/offices/list/ocr/docs/ocrcpm.pdf
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ