[ニュージーランド] 家族介護者に政府が賃金を支払う制度に裁判所が改善勧告

[ニュージーランド] 家族介護者に政府が賃金を支払う制度に裁判所が改善勧告

 2018年2月8日付ラジオ・ニュージーランド(Radio New Zealand)によれば、控訴裁判所は、有償家族介護制度(Funded Family Care)について、保健省に対して改善を求めたとのことです。
 ニュージーランドには、有償家族介護(Funded Family Care)という、自宅で成人障害者を介護する家族介護者に対して政府が賃金を支払う制度がありますが、その運用について、控訴裁判所に訴えること増えています。
 今回の判決は、チャンバーレインさんという重度の知的障害者と彼を自宅で介護する母親のムーディさんが保健省(Ministry of Health)が決めた17時間相当の賃金は少なすぎで、週40時間分支払うべきであるという訴えに対して、2018年2月7日、控訴裁判所は、その訴えを認めたのですが、その判決文において、保健省に対して制度の改善を求めたとのことです。
 この制度は、2013年ニュージーランド公衆衛生及び障害改正法(the New Zealand Public Health and Disability Amendment Act 2013)に基く制度で、2013年に導入されました。重度障害者を介護する家族に対して、週最大40時間、最低賃金法に基づく最低賃金を支払うというものです。
 しかし、重度障害者のニーズ評価手続きが複雑である、介護時間の評価が厳しいために40時間の満額の賃金が支払われない、障害児の介護は対象にならないなどの問題があり、家族が訴えることが続いていたことに、裁判所も業を煮やしているようです。(寺島)
 ラジオ・ニュージーランドの記事は、下のサイトで見られます。
http://www.radionz.co.nz/news/national/349903/mother-wins-battle-with-health-ministry-over-carer-pay
 また、公衆衛生及び障害改正法は、次のサイトで読むことができます。http://www.legislation.govt.nz/act/public/2013/0022/latest/whole.html#DLM5205111
 判決文は下のサイトにあります。http://www.courtsofnz.govt.nz/cases/chamberlain-v-minister-of-health/@@images/fileDecision?r=960.385721795
関連記事

「応援する!」ボタンを押してください。
『公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
ボランティアでの活動や寄付を頂くのが難しくても、シェアをするだけ、ボタンを押すだけでご支援になるので、無理なく日常的に応援して頂けます。

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ