[米国]障害児のインフルエンザワクチン接種率

[米国]障害児のインフルエンザワクチン接種率

米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)のレポートによれば、知的障害やてんかん等の児童は、インフルエンザによる合併症にかかりやすいにもかかわらず、2011年-2012年のインフルエンザのシーズンについて調査したところ、これらの児童のインフルエンザワクチンの接種割合が50%程度しかないということがわかったとのことです。
 CDCは、ファミリー・ボイシズ(Family Voices)という障害児の支援団体と小児科学会の協力を得て、慢性病をもつ児童の親とそれらの児童を担当している小児科医に対して調査したところ、知的障害児の52%、てんかん児童の59%しかワクチンを接種していなかったそうです。その原因としては、これらの障害児のインフルエンザによる合併症発症率が高いことに対する、親や小児科医の認識が不十分であるということが指摘されています。詳しくは、http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm6236a3.htm?s_cid=mm6236a3_wをご覧ください。(寺島)
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ