【デジタル図書】そもそもデイジー(DAISY)って? 生みの親 河村宏さん

【デジタル図書】そもそもデイジー(DAISY)って? 生みの親 河村宏さん

kawamura.jpg
DAISYの生みの親の一人、元DAISYコンソーシアム会長の河村宏さんです。(前列左)

昨日に続きデイジーの解説です。DINF※で掲載しました。小生も開発時から携わっていたため、現在の進化したデイジーをみると感慨深いものがあります。河村宏さんは開発当初から国内外を飛び回り、多大な貢献をされております。
本協会の情報センター長としても活躍され、日本のみならず世界各地からもその尽力に対して表彰されております。
現在はATDO※※の副理事長として活動されております。
----------------------------------------------------------------------------
デイジーを知ろう!2

デイジーのこれまでとこれから

星野敏康

図書館員の悩み

 前回、デイジーはシステム(規格)であり、メディア(媒体)ではないと強調しました。
 以前は、録音媒体としてカセットテープが活躍していましたが、80年代から図書館関係者は「いずれカセットはなくなるのでは?」と考え始めました。オープンリールからカセットへの移行に10年を要した記憶があったのです。カセットにしても複数の規格があり、磁気テープの劣化も含め、使い勝手・国際交換・保存という問題は未解決でした。
 そんななか、1986年の国際図書館連盟(IFLA)東京大会の盲人図書館分科会(SLB)で、電子機器産業界と図書館関係者が意見を交換しました。記録媒体のあり方に疑問を投げかけた記念碑的な国際シンポジウムです。
 デイジーはもともとスウェーデン国立録音点字図書館を中心に開発された「デジタル音声情報システム(Digital Audio-based Information SYstem)」の略でした。この初代デイジーはPCで録音・再生するもので、あまり普及しませんでした。同じころ日本のシナノケンシ株式会社が、CD-ROMの録音図書再生機プレクストークを独自に開発していました。
続きはこちら:http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/daisy/daisy2_norma1602.html

(MH)
※ DINF(障害保健福祉研究情報システム)のサイト
 DINFはバリアのない世界を目指し、日本国内だけではなく国際的な連携を基盤に情報を収集しています。
特に、ICT(情報コミュニケーション技術)による障害当事者の社会参加に焦点を当て、注目すべき重要なトピックをお伝えしています。DINF :http://www.dinf.ne.jp/index.html
※※ATDO(特定非営利活動法人 支援技術開発機構)
info@atdo.jp
http://http://www.normanet.ne.jp/~atdo/
関連記事

「応援する!」ボタンを押してください。
『公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
ボランティアでの活動や寄付を頂くのが難しくても、シェアをするだけ、ボタンを押すだけでご支援になるので、無理なく日常的に応援して頂けます。

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ