【図書館サービス】障害児のためのサービス りんごの棚とは?川越

【図書館サービス】障害児のためのサービス りんごの棚とは?川越

 kawagoe01.jpg
りんごの棚

特別なニーズのある子どものためのコーナー「りんごの棚」を設置! 川越市立高階図書館 新山順子さんの寄稿です。DINF※で掲載しました。実は小生はこの高階図書館のすぐ近くの高階中学校に通っていたため、非常に身近に感じました。こんなに身近に障害児のためのサポートの取り組みをしているとは時代の流れを感じます。当時、高階中学校には筋ジスの同級生がいたため、障害分野に少なからず関心を持って過ごしておりました。地域で障害者のための理解がさらに進めば良いなあと思っています。
-----------------------------------------------------------------------------------
1.「りんごの棚」との出会い

 公共図書館の児童サービスはどこでもあたりまえに行なわれていると思いますが、「障害のある子どもたち」のためのサービスに取り組んでいる図書館はまだまだ少ないのではないでしょうか。

 私が「りんごの棚」というものを知ったのは、かつて児童サービス担当者だったときにお世話になった図書館界の先輩(埼玉県小川町立図書館)からの問合せがきっかけでした。 「町民の方から寄付の申し出があり、そのうち一部を、目の不自由な子どもが利用できる資料やそれに関係するものを購入するという条件で図書館にいただくことになりました。図書館ではそういう資料を集めてコーナーを作ろうと思うのだけれど、このコーナーに何かいいネーミングはないかしら?」 続きはこちらから:
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/access/library/kawagoenishi_1602.html

※ DINF(障害保健福祉研究情報システム)のサイト
 DINFはバリアのない世界を目指し、日本国内だけではなく国際的な連携を基盤に情報を収集しています。
特に、ICT(情報コミュニケーション技術)による障害当事者の社会参加に焦点を当て、注目すべき重要なトピックをお伝えしています。DINF :http://www.dinf.ne.jp/index.html

(MH)
関連記事

「応援する!」ボタンを押してください。
『公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
ボランティアでの活動や寄付を頂くのが難しくても、シェアをするだけ、ボタンを押すだけでご支援になるので、無理なく日常的に応援して頂けます。

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
3位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ