[米国]障害メンター制度

[米国]障害メンター制度

米国では、近年、障害メンター制度に注目されているようです。この制度は、理工系の障害学生(メンティー)に対して、その領域で活躍している企業の従業員がメンターとなって、その領域で働くことを前提とした学習方法などを指導する制度です。
 米国では、同種の制度としてインターンシップが普及していますが、1999年にホワイトハウス主導で「障害メンターの日(Disability Mentoring Day:(DMD)」が導入されて以来、この制度が脚光を浴びています。DMDは、現在、米国ビジネス・リーダーシップ・ネットワーク(US Business Leadership Network:USBLN)が事業を実施しており、毎年、10月の第3水曜日に実施されています。
 障害メンター制度は、企業と障害学生の中継ぎをする制度で、USBLNとコーネル大学が共同実施しています。関心のある方は、下のURLをご覧ください。ちなみに、この障害者メンター制度のスポンサーは、三菱電機アメリカ財団(Mitsubishi Electric America Foundation)だそうです。(寺島)

http://www.usbln.org/programs-clmp.html
関連記事

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ