リハ協ブログ 2019年08月

[日本]文化庁がチケット転売の際の本人確認証明書類に障害者手帳を認める通知を発出

 「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律(平成30年法律第103号)」では、入場資格者の本人確認が興行主等の努力義務とされています。その具体的方法については、興行主等による判断に委ねられていますが、一部の興行で障害者手帳が本人確認に用いる証明書類として認められていない事例がありました。そこで、文化庁は、興行主等の負担が過重でない範囲において,障害者手帳を入場資格者の本人確認の証明書類として認めるよう依頼する通知をスポーツ関係団体及び文化関係団体の長宛に発出したものです。
 通知名は、「興行入場券の本人確認措置に係る措置について(通知)」(令和元年8月28日付け元文経際第34号)です。
 通知は、下のサイトにあります。(寺島)
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/ticket_resale_ban/1420604.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【オランダ】ソーシャルファーム実態調査報告会 11月4日 新宿

オランダソーシャルファーム実態調査報告会

日時:2019年 11月4日(月)13:30~16:00
会場:戸山サンライズ2階 大研修室 (東京都新宿区戸山1-22-1)
主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
後援:埼玉県民共済生活協同組合
参加費:無料
定員:100名(定員になり次第締切)
情報保障:要約筆記付き
手話通訳・点字プログラム・磁気ループ、車いすスペースは要申込

趣旨
ソーシャルファームは、障害者など一般雇用が困難な者の雇用を目的とした社会的企業の1つであり、ヨーロッパを中心に発展してきた。その重要性は増してきているが、制度の形態は国によって異なる。これまでイギリス、ドイツ、フィンランド、イタリア、韓国のソーシャルファームを実地調査し、シンポジウムを開催し、それぞれの国の立場から日本型ソーシャルファームの推進に向けてのヒントとなる講演を聞く機会を設けた。
 今回のセミナーでは、2015年に施行された社会参加法による改革を行っているオランダのソーシャルファームを訪問・調査した結果を報告し、今後の日本におけるソーシャルファームのあり方について意見交換を行う。

プログラム(順不同・敬称略)*プログラムは変更になる場合があります。

13:30-13:35  開会挨拶
13:35-14:35  報告1 「オランダに学ぶソーシャルファームの今後の方向
               ~「日本型ソーシャルファーム」像を求めて~」
           炭谷茂(ソーシャルファームジャパン 理事長 社会福祉法人 恩賜財団済生会 理事長
           公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 会長)

14:35-14:45 休憩

14:45-15:15  報告2 「オランダのソーシャルファーム訪問調査報告Ⅰ」
  寺島 彰(元 浦和大学総合福祉学部 学部長教授 公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 参与)                      
15:15-15:45  報告3 「オランダのソーシャルファーム訪問調査報告Ⅱ」
  野村 美佐子(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 参与)                      

15:45-16:00  質疑応答 
        
16:00 閉会
       
【申込方法】
下記のいずれか方法で2019年10月28日(月)までにお申し込みください。
  (※点字プログラムをご利用の方は10月23日(水)まで)
定員満員になり次第、締め切りとなりますので、ご了承ください。
①下記Webサイトより申し込み
こくちーず http://kokucheese.com/event/index/577850/
②メールもしくはfax
  お名前、ご所属、ご住所を明記の上、手話通訳、要約筆記、ヒアリングループ、点字資料、車いすスペースなど必要があれば申し込み時にお知らせください。
※ご提供いただいた個人情報は、日本障害者リハビリテーション協会の個人情報保護方針に従い、厳重に管理いたします。また、この情報に基づき、このシンポジウム、講習会等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他当協会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。ご案内を希望されない場合はその旨お知らせください。

【お申し込み、お問い合わせ先】
 公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
 〒160-0052東京都新宿区戸山1丁目22番1号
 TEL: 03-5273-0796   FAX: 03-5273-0615   Eメール:dinf-j@dinf.ne.jp

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【法律相談】本協会にて無料相談を開催 次回 9/4(水) 新宿

本協会(戸山サンライズ内)では弁護士(野村茂樹先生)による無料の法律相談を開催しております。毎月1回開催しています。次回は9/4日(水)13:00-16:00です。

年間案内サイトはこちらです。http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/soudan2019.pdf

問い合わせ先:戸山サンライズ 研修課 武田・岩本・若山 です。
T:03-3204-3611 F:03-3232-3621

(戸山サンライズ)

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【マカオ】国際リハビリテーション協会 アジア太平洋地域会議成果文書 (日本語訳)掲載

「国際リハビリテーション協会 アジア太平洋地域会議成果文書」(日本語訳)をDINF※へ掲載しました。
2019年6月26~28日 中国 マカオ特別行政区
マカオ声明 2019
誰一人取り残さない
権利に基づく障害インクルーシブな開発の進展

1.
我々、2019年6月26日から28日まで中国マカオ特別行政区で開催された、中国マカオ特別行政区扶康会主催による、国際リハビリテーション協会アジア太平洋地域会議の参加者は、障害者の権利に関する条約(CRPD)、アジア太平洋障害者の十年(2013-2022)に関する閣僚宣言及びアジア太平洋障害者の「権利を実現する」インチョン戦略(以下、インチョン戦略)、持続可能な開発目標(SDGs)2030アジェンダ並びに世界保健機関(WHO)リハビリテーションに関する西太平洋地域枠組の実施を支援することを再確認する。 続きはこちらへhttp://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/intl/ri/macau_statement_2019.html

(国際課)

※DINF(障害保健福祉研究情報システム)について
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/howto.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【インドネシア】有名な歌手、YURA YUNITA さんと手話の反響とは?

インドネシアで有名な歌手、YURA YUNITA さんのおかげで今、手話がろう児を持つ親たちとインドネシアの社会で大きな反響を巻き起こしています。ダスキン研修生からの報告です。
続きはこちらからhttp://blog.canpan.info/duskin/archive/793

(研修課)

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【研修会】戸山サンライズ 2019年度研修会 三重でも開催 受付中!

戸山サンライズの2019年度研修会です。

詳細:http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/trainingsession2019.html

障害者福祉センター 管理運営研修会 (開催地:三重県津市です。)
9月26日~9月27日

問い合わせ先:
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 
全国障害者総合福祉センター 戸山サンライズ
TEL 03-3204-3611  FAX 03-3232-3621



本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]運輸省がブルーバッジに関する調査結果を公表

 2019年7月30日、運輸省は、「ブルバッジに関する調査:見えない障害者の資格要件(Blue Badge research: eligibility for people with non-visible disabilities)」を公表しました。
 この調査は、以前このブログで紹介しました、見えない障害者に対するブルーバッジの交付のための地方自治体向けガイドラインの作成のために2018年11月から2019年4月にかけて実施されたものです。
 医学専門家、地方自治体の担当者、障害者団体の代表者に対して、どのような「見えない障害者」にブルーバッジを交付すべきかについて調査しています。専門家としては、臨床心理、教育心理、内科、神経科、作業療法、理学療法、精神科、リュウマチ科の専門家が調査に参加しています。また、障害者団体からは、認知症、知的障害、精神障害、運動障害、ダウン症、自閉症、パーキンソン病などの団体から参加しています。
 興味深い報告書になっています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。報告書自体も掲載されています。(寺島)
https://www.gov.uk/government/publications/blue-badge-research-eligibility-for-people-with-non-visible-disabilities

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[大阪府]重度訪問介護を補完する制度を検討

 2019年8月7日の記者会見において、吉村洋文大阪府知事は、常時介護を必要とする重度障害者が通勤・通学時や就労時に介護サービスを公費で受けられる府独自の支援制度を検討していることを明らかにしました。
 先日の参議院選挙に当選した重度障害のある国会議員に対して参議院が介護費用を負担することになったことに対して、国会議員に対してのみ就労時に介護サービスを公費で負担するのは不公平であり、まず国民が認められ、それを国会議員に当てはめるべきであるという考えにもとづくものだとのことです。すでに、大阪市と連携して制度設計に乗り出しており、来年度から導入したいとしています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.pref.osaka.lg.jp/koho/kaiken2/20190807.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[日本]スマートフォン向け障害者手帳アプリ

 2019年7月1日、株式会社ミライロ(本社:大阪市)は、スマートフォン向け障害者手帳アプリ「ミライロID」をリリースしました。
 このアプリをインストールし、障害者手帳の情報などを登録することで、協力企業において、スマートホンを障害者手帳の代わりに使用できるようになります。
 例えば、協力企業の西武鉄道株式会社では、スマートフォンで「ミライロID」を呈示することで、回数乗車券または定期乗車券の購入時に障害者割引が適用されます、
 この対応については、国土交通省総合政策局安心生活政策課長通知「障害者割引運賃による乗車券の購入及び乗車時の本人確認について(平成31年1月21日付国総安第89号)」において、障害者の移動上の利便性を向上させる観点から、障害者手帳等の提示を求めている規定の見直しを行うことが求められていることが背景にあります。
 西武鉄道以外にも、嵯峨野観光鉄道株式会社、日の丸交通株式会社、西武ハイヤー株式会社、西武バス株式会社などが協力団体として参画しています。
 関連のサイトは以下のとおりです。(寺島)
株式会社ミライロのウェブサイト
https://www.mirairo.co.jp/press_release/post-12828
西武鉄道株式会社のウェブサイト
https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2019/20190701_mirairoid.pdf
国土交通省のウェブサイト
http://wwwtb.mlit.go.jp/hokushin/nagano/yusou/310213syougaisyawaribikiunntin.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]脳卒中の後遺症者の生活に関する体験レポート

 2019年8月、脳卒中協会(Stroke Association)が「脳卒中の体験レポート 第2章 脳卒中のより広範な影響 脳卒中後の生活の再建(Lived experience of stroke report chapter 2 - The wider impacts of stroke Rebuilding lives after stroke)」を公表しました。
 同協会は、2018年に、脳卒中の後遺症者およびその介護者10,000人以上を調査したとのことで、その結果をレポートにまとめています。2019年6月には、「脳卒中の体験レポート 第1章 脳卒中の隠れた影響(Lived experience of stroke report Chapter 1 - Hidden effects of stroke)」を公表しており、今回のレポートはそれに続く第2弾です。全部で4部作になる予定です。
 今回の報告書には人間関係、仕事、収入などへの影響についてまとめられています。
 例えば、脳卒中後遺症者の69%が脳卒中後に自立した生活が困難になった、37%が所得が減った、19%が出費が増えた、16%が労働時間が減った、15%が差別を受けたと回答しているなどの報告がなされています。また、後遺症者の体験事例が掲載されています。
 レポートは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.stroke.org.uk/lived-experience-of-stroke-report

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[日本]社会保障給付費が120兆円超え

 2019年8月2日、国立社会保障・人口問題研究所は、平成29(2017)年度「社会保障費用統計」の概況を公表しました。それによれば、2017年度の「社会保障給付費」総額は 120兆2,443億円で、過去最高を記録したとのことです。
 「社会保障費用統計」は、年金や医療保険、介護保険、雇用保険、生活保護など、官民問わず、社会保障制度に関する1年間の国全体の支出を集計したものです。
 OECD(経済協力開発機構)の基準により集計した「社会支出」とILO(国際労働機関)の基準により集計した「社会保障給付費」の二通りの統計があります。
 「社会支出」(OECD基準)は、「社会保障給付費」(ILO基準)と比べ、施設整備費など直接個人には移転されない支出まで集計範囲に含んでいます。  集計結果のポイントは、下のとおりです。
・「社会支出」は124兆1,837億円で、前年度に比べ1兆9,722億円増加(1.6%)
・「社会保障給付費」は120兆2,443億円で、前年度に比べ1兆 8,353 億円増加(1.6%)
・国民1人当たりの「社会支出」は98万100 円、「社会保障給付費」は94万9,000円。
・社会支出を政策分野別にみると、最も大きいのは「高齢」で56 兆9,399 億円、次いで「保健」の 41 兆 8,713 億円。この2分野で総額の約8割(79.6%)を占めている。
・社会保障給付費を「医療」、「年金」、「福祉その他」の部門別にみると、「医療」は39兆4,195億円で総額に占める割合は32.8%、「年金」は54 兆8,349億円で同45.6%、「福祉その他」は25兆9,898億円で同 21.6%となっている。「福祉その他」のうち「介護対策」は 10兆1,016億円で同8.4%である。
・部門別社会保障給付費の対前年度伸び率は、「医療」が 1.6%、「年金」が 0.8%、「福祉その他」が3.1%である。「福祉その他」のうち「介護対策」は 4.1%である。
・社会保障給付費に対応する、社会保険料や公費による負担などの「社会保障財源」は、総額141兆5,693億円で、前年度に比べ5兆441億円増となっている。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.ipss.go.jp/site-ad/index_Japanese/security.asp

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[米国]大学図書館等におけるプリント障害学生に対する情報保障についての白書

 2019年7月22日、研究図書館協会(Association of Research Libraries:ARL)とバージニア大学(UVA)図書館は、「法律とアクセシブルテキスト:公民権と著作権の調和(The Law and Accessible Texts: Reconciling Civil Rights and Copyrights)」という白書を発表しました。 著者は、Brandon Butler氏(UVA)、Prue Adler氏(ARL)、および、Krista Cox氏 (ARL)です。アンドリュー・W・メロン財団からの助成金によるプロジェクトの一部として作成されたこの白書は、高等教育機関が、プリント・ディスアビリテイ(Print Disability)の学生に対して公平な情報アクセスを提供するという使命を果たすために、法的枠組み内でどのようにすればよいかについて考察しています。
 公民権法などにより、高等教育機関には、学生が教材に平等にアクセスできるようにする法的義務と道徳的義務があるため、視覚障害、ディスレクシア、身体障害など、従来の印刷物を使用するのが難しいプリント・ディスアビリテイの学生が増えているなかで、点字に翻訳したり、拡大文字ファイルにしたり、スクリーンリーダー用に加工したりする作業が、大学の大きな負担となっています。
 一方で、出版社は、アクセシブルなフォーマットを提供する必要はなく、逆に、著作権に基づき、アクセシブルなファイルを提供する際に、学生が印刷された教科書を購入していることを示すよう求めてくることもあります。
 公民権と著作権のはざまで、大学がどのように効率的に情報保障していけばよいかについて考え方を示しています。
 詳しくは、下の白書をお読みください。
プレスリリースは下のサイトにあります。
https://www.arl.org/news/white-paper-examines-providing-access-to-texts-in-context-of-civil-rights-and-copyrights/
 白書は、下のサイトにあります。(寺島)
https://www.arl.org/wp-content/uploads/2019/07/2019.07.15-white-paper-law-and-accessible-texts.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【研修生】障害当事者 5名 来日!

photo_4.jpg
来日予定:ネパールの研修生

本協会では障害のある海外からの研修生を受け入れています。
来月に来日します。
4月に実施された当研修事業※実行委員会において、150名を超える応募者の中から、第21期生5名が選出されました。

第21期生をどうぞよろしくお願いいたします。

詳細はこちらから:
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/infomation/2019/profile/index.html

(研修課)
※ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業
(公財) 日本障害者リハビリテーション協会内
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL : 03-5273-0633 FAX : 03-5273-1523
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【バナー広告】障害分野・リハビリ関連への広報はいかがでしょうか?

本協会のバナー広告※では、障害分野・リハビリ関連の業界にお知らせできます。
本協会のホームページの一部を一般の皆様に開放しております。
障害者やリハビリに役立つ情報を中心に掲載させて頂いております。
特典として、本協会で開催される研修会の際、ちらしを配布させて頂いております。

(総務課)

バナー広告※
協会では、月5千円でバナー広告をトップページで掲載しています。
障害・リハビリに役立つ情報を中心に掲載させて頂いております。
問い合わせ先:T:03(5273)0601 F:03(5273)1523 E mail : soumu@dinf.ne.jp
詳細:http://www.jsrpd.jp/static/banner/index.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【I研修会】 障害者へのICT活用研修会 合理的配慮の実践を学ぶ 受付中!

厚生労働省補助金事業
パソコンボランティア指導者養成事業  
障害者へのICT活用研修会 「合理的配慮の実践を学ぶ」

【通常研修】 受付中!
第1回(東京)11月 9日(土)~11月10日(日)
第2回(大阪)11月23日(土)~11月24日(日)
第3回(仙台)12月21日(土)~12月22日(日)

資料代:4,000円 定員:20名

詳細はこちら:http://www.jsrpd.jp/ic/pcv/

【特別研修:マルチメディアデイジー製作】 定員に達しました。(キャンセル待ちです。)

公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
情報センターパソボラ事務局
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL 03-5273-0796 FAX 03-5273-0615

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[福祉機器]視覚障害者ナビゲーションシステム

 アメリカン・プリンティング・ハウス(American Printing House for the Blind, Inc)が開発したニアバイ・エクスプローラー(Nearby Explorer)というAndroidスマートホン用アプリは、視覚障害者が歩行する際のナビゲーションを行います。
 オンライン版(無料)とフルバージョンがあり、オンライン版は地図情報を園ラインで獲得します。
 GPSと地図情報を活用して、周囲の環境を視覚障害者に伝えます。例えば、「北東に向かっています。」「次の曲がり角まで30フィートです。」「ここは、○○です。」などのように、視覚障害者が歩きながら情報を音声や点字ディスプレイで確認できます。
 このナビゲーションシステムの特徴は、他の同様のシステムとは違い、最初から、視覚障害者向けに開発されているために、視覚障害者にフレンドリーなところです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島).

https://www.wired.com/story/challenge-helping-blind-people-navigate-indoors/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[国連]第12回国連障害者権利条約締約国会議開催

 少し情報が古いですが、2019年7月11日から13日まで第12回国連障害者権利条約締約国会議(Conference of States Parties to the Convention on the Rights of Persons with Disabilities)がニューヨークの国連本部で開催されました。
 締約国会議は、障害者権利条約第40条に規定されており、2008年以降、毎年開催されています。
 今回の締約国会議のテーマは、「変化する世界において障害者を確実にインクルージョンする」でした。
 次の3つのサブテーマについてラウンドテーブルディスカッションが行われました。
 ①障害者のエンパワーメントとインクルージョンのための技術、デジタル化、ICT
 ②ソーシャルインクルージョンと達成可能な最高水準の健康に関する権利
 ③文化生活、レクリエーション、レジャー、スポーツへの参加を通した、障害者の社会的インクルージョン
 約180カ国から1,500人以上が参加し、約100のNGO、および国連機関が参加しました。また、約70のサイドイベントが開催されたとのことです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。会議文書やビデオがUPされています。(寺島)
https://www.un.org/development/desa/disabilities/conference-of-states-parties-to-the-convention-on-the-rights-of-persons-with-disabilities-2/cosp12.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[ニュージーランド]政府が障害者支援サービスの単価の増額はないことを事業者に通知

 2019年7月3日、ニュージーランド保健省(Ministry of Health)は、障害者支援サービス事業者(Disability Support Service provider)に対して、2019年は事業者に対するサービス単価の増額はないことを通知しました。
 通知によれは、障害者支援のニーズの高まりから、ニュージーランド政府は、2016-17年には4,200万ドル、2017-18年には5,800万ドル、2019年には7,200万ドルの追加予算を計上してきましたが、2019年の財源は、利用者数の増加と最低賃金増への対応で消費してしまうとのことです。
 障害者支援サービス事業者の経営が厳しくなっていることを政府も認識している様子で、個別に説明することや政府の財政状態についてさらに情報提供することも述べています。
 通知は、次のサイトにあります。(寺島)
https://assets.documentcloud.org/documents/6192879/Letter-to-Providers.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[インド]障害年金の所得税免除は軍隊の活動による障害のみであることを通知

 インド財務省歳入局は、2019年6月24日、障害年金の所得税免除は、軍隊の活動により障害になったり、その障害が悪化したために受給している障害年金が対象で、それ以外の原因で障害になった場合は対象にならないことを通知しました。
 くわしい事情はわかりませんが、通知は、下にあります。(寺島)
https://www.incometaxindia.gov.in/communications/circular/circular_13_2019.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[パキスタン]大統領が障害者登録を推進

 ラジオパキスタン2019年7月15日版によれば、同日、イスラマバードで開催されたカスタマイズされた車椅子の配布に関連した式典における演説において、アリフ・アルヴィ大統領は、障害者登録の必要性を強調しました。
 彼は、登録は、障害者に対する施設サービスや支援機器の提供に役立つと述べ、国立情報登録機関(National Database and Registration Authority:NADRA)とパキスタン福祉独立法人(Bait-ul-Mal)に対し、できるだけ早く登録を完了するように依頼しました。
 また、大統領は、公共機関における5パーセントの雇用割当の厳格な実施も求めました。
 なお、カスタマイズされた車椅子と他の5つの参加支援機器を提供するプログラムが国内の12地区で始まっているとのことです。
 記事は、下のサイトにあります。
http://www.radio.gov.pk/15-07-2019/care-for-disabled-aged-people-of-society-our-collective-responsibility-president

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【研究大会】総合リハビリテーション研究大会 9月13日(金)~14日(土)福島県 プログラム

第42回総合リハビリテーション研究大会の、プログラムが公開されました。
http://www.normanet.ne.jp/~rehab/2019/
会期 2019年9月13日(金)~14日(土)
会場 ビッグパレットふくしま(福島県郡山市南2丁目52)


現在、受付中です。
会員の方はご招待です!

問い合わせ先
日本障害者リハビリテーション協会
162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
TEL: 03-5292-7628 FAX: 03-5292-7630

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【モンゴル】第4回アジア太平洋CBID会議 7月2日、3日開催報告

7月2日、3日にモンゴルで第4回アジア太平洋CBID会議が開かれました。
前回2015年の東京大会に続いて開催された会議です。社会開発をテーマとする分科会で発表したのですが、韓国からの発表者(ソウルにあるコミュニティリハビリテーションセンター)はカメラクルーを同行していました。私もインタビューを受けた結果が同センターのホームページに掲載されました。以下になります。
http://youtu.be/XVKUVzbCpa4

(上野)

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【国際協力】グローバルフェスタJAPAN2019 9/28-29へ出展します。

グローバルフェスタJAPAN2019が開催されます。テツandトモが総合司会です。
場所:お台場
期間:9/28(土) ~29(日)です。
ホームページhttp://http://www.gfjapan2019.jp
本協会が事務局をしている「障害分野NGO連絡会(JANNET)※」がブースを出します。
ブース番号:36

入場無料です。
機会がございましたらぜひお越しください。

※障害分野の国際協力・交流を行う市民社会組織ネットワークです。

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【お知らせ】夏季 休館日 8月13日(火)~15日(木)

夏季の戸山サンライズの休館日です。 
8月13日(火)~15日(木)
よろしくお願いいたします。

尚、日本障害者リハビリテーション協会の事務所もお休みをとらせて頂きます。
よろしくお願いいたします。

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[シンガポール]インクルーシブな雇用主向けのジョブ再設計ガイドを公表

 障害者を支援するための政府の専門機関SGイネーブル(SG Enable)は、マンパワー省(Ministry of Manpower:MOM)と協力し、2019年6月17日、「インクルーシブな雇用主向けのジョブ再設計ガイド(Job Redesign Guide for Inclusive Employers)」を発表しました。
 このガイドは、雇用主が仕事を再設計して、障害のある従業員をよりよくサポートし統合する方法を理解するのを支援することを目的としています。ジョブの再設計とは何か、それを実践する方法を解説するとともに、ジョブの再設計のベストプラクティスのケーススタディも掲載しています。また、雇用主がの利用できる助成金や支援に関する情報も含まれています。
 ガイドは、下のサイトにあります。(寺島)
https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/sgenableprod/wp-content/uploads/2019/06/17080529/SGE_JobRedesignGuide_FINAL.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]運輸省がブルーバッジに関するガイドラインを公表

 以前のブログでも紹介しましたが、2019年8月30日から、認知症、不安障害など「見えない障害者(people with hidden disabilities)」にもブルーバッジが交付されます。ブルー・バッジ(Blue Badge)とは、障害者のための駐車カードの一般的な呼称で、ヨーロッパ各国、アメリカ、オーストラリア等に普及しています。
 2019年6月15日、運輸省は、「(Blue Badge research: eligibility for people with non-visible disabilities)」を公表しました。英国では、国が基準を決め、地方自治体が運営管理をしていますが、障害のない人がバッジを不正使用する問題が長年続いており、地方自治体のために実施に先立ちガイドラインを示したものです。
 制度の概要、申請手続き、受給資格の判定、制度の運用などについて示されています。
詳しくは、下のサイトをご覧ください。
https://www.gov.uk/government/news/review-of-blue-badge-fraud-as-scheme-is-extended-to-those-with-hidden-disabilities
ガイドラインは、下のサイトにあります。(寺島)
https://www.gov.uk/government/publications/the-blue-badge-scheme-local-authority-guidance-england

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【障害者の芸術】「第44回わたぼうし音楽祭」 8/4(日) 奈良で開催

※「第44回わたぼうし音楽祭」(奈良たんぽぽの会主催)が4日、奈良市登大路町の県文化会館で開催されました。
本協会からも「日本障害者リハビリテーション協会賞」を授与しました。

わたぼうし大賞には「2さい」大阪市、与那覇里美さん(36)作詩・茨木市、三木裕子さん(35)作曲です。

日本障害者リハビリテーション協会賞には「にじいろのようせいになりたい」長崎県、酒井優和さん(9)作詩、新潟市、井野口敏子さん(63)作曲です。

全国から作詩の部424作品、作詩・作曲の部に238作品応募がありました。

(HM)

※わたぼうし音楽祭(たんぽぽの家)サイトはこちら:
http://tanpoponoye.org/news/news-wataboshi/2019/08/46009156/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[バングラデシュ]障害者を含む災害管理に関する会議を開催

 国連開発計画(UNDP)バングラデシュ事務所によれば、2019年5月28日、同事務所は、障害開発センター(Centre for Disability in Development:CDD)と共催で、「バングラデシュの障害者のためのレジリエンスの構築:障害者を含む早期警戒システム、災害リスク軽減(DRR)および気候変動適応(CCA)に関するコンサルテーション(Building Resilience for Persons with Disabilities in Bangladesh: Consultation on Disability inclusive Early Warning System, Disaster Risk Reduction (DRR) and Climate Change Adaptation (CCA))」をダッカで開催しました。
 CDDによれば、バングラデシュはこれまで災害管理の模範的国家であり、災害弱者である障害者への支援を充実させることにより、より包括的な災害管理を充実させていくことが重要であるとしています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.bd.undp.org/content/bangladesh/en/home/presscenter/pressreleases/2019/05/29/including-persons-with-disability-in-disaster-management-and-cli.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[リハ協]マカオ RI地域会議報告会開催

 かねてより本ブログで告知してまいりましたように、2019年6月26日~28日までマカオで開催されましたRI地域会議報告会を、2019年8月2日(金)、戸山サンライズにおいて開催いたしました。
 多くの方にお集まりいただきありがとうございました。
 プログラムは一番下に掲載しておきます。
 当日は、大会ビデオの放映、それぞれのセッションに参加した方々からどのような発表がなされたのかについての報告、大会の写真と解説などが行われ、和やかな雰囲気で会が進行しました。
 セッションの報告では、それぞれのセッションの発表に使われたパワーポイントファイルが、下の主催者のサイトに一部UPされており、それを使って、また、独自に発表者から提供していただいたものも使いながら、どのような発表が行われたのかが報告されました。
 これらの資料は、かなりのボリュームになりますので、発表者以外の参加者の報告書とともに、今後、まとめて公表する予定にしています。また、当日の報告会の模様を映したビデオやパワーポイントファイルを、会員ページにUPする予定です。(寺島)
 主催者サイトhttps://www.rimacau2019.org/daily-program-v2/

RI地域会議マカオ報告会プログラム
日時:2019年8月2日(金)15:00~17:00
会場:戸山サンライズ2階 中研修室 (東京都新宿区戸山1-22-1)
主催:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
○開会挨拶 福母淳治(公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 常務理事)
○報告1「会議の総括・成果文書について」
「全体会1A:From CRPD, Incheon Strategy, and UN SDGs: Impacts on the People with Disabilities and their Families in the Asia and Pacific Region」
報告者・発表者:松井 亮輔(公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 副会長・法政大学 名誉教授・RI日本ナショナルセクレタリー)
○報告2「全体会 1B:Inclusive School and University Education」
「全体会 2C: Disability-Inclusive Technology: Artificial Intelligence, Robotics, Low Cost Appropriate Devices; Impact on Social Business and Employment」
報告者・発表者:柴田 邦臣(津田塾大学 学芸学部 国際関係学科 准教授)
○報告3「全体会 1C:Women with Disabilities」
「全体会 2B:Jointly hosted by Rotary International District 3450 and RI Centennial Committee」
報告者:香山 千加子(国際コーディネーター)
○報告4:「全体会2A: Long Term Comprehensive Rehabilitation Planning」
報告者:上野 悦子(公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 参与)
○報告5「全体会3A:Vocational Training, Work and Employment, Social Enterprise, and Income Generating Strategies」
報告者・発表者:寺島 彰(公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 参与) 
○報告6「全体会 3B:Sharing of Parents of Children with Disability: Advocacy and Services; and Regional Collaboration Initiatives
分科会C8:Disability- inclusive, policy, programming and research」他
報告者:上野 悦子(公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 参与)
「分科会C6:Vocational Training, Work and Employment, Social Enterprise, and Income Generating Strategies (III)」他
報告者・発表者:野際 紗綾子(AAR Japan[難民を助ける会]プログラム・マネージャー)
○質疑応答

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【寄付】社会貢献しませんか? 税金の控除 領収書発行

無題

社会貢献をしませんか?
本協会では皆様からの寄付を受け付けています。
本協会への寄付は税額控除対象です。 税金控除の領収書を発行できます。
昨日も大阪からご寄付を賜りました。ありがとうございます。

以下の方法で気軽に寄付ができます。

1.クレジットカード
  PC上から簡単にクレジットカードで寄付ができます。カードで寄付:http://www.jsrpd.jp/static/do/card.html

2.スマホ 
  クレジットカードをお持ちでなくとも、お手持ちのスマホから100円単位で寄付ができます。スマートフォン募金:http://www.jsrpd.jp/static/do/sumaho.html

3.銀行・郵便局
銀行・郵便局からお振込みできます。銀行・郵便局から寄付http://www.jsrpd.jp/static/do/ippan.html 専用のお振込用紙もご用意しております。

4.古本募金
  読まなくなった本をお送り下さい。断捨離に活用ください!
  古本募金サイト:http://:kishapon.com/partner/rihakyo/

  寄付をご検討の方はお気軽にこちらまでご連絡下さい。
    総務課:T:03(5273)0894 F:03(5273)1523 E mail : soumu@dinf.ne.jp 

 寄付についての詳細はこちらまで:
http://www.jsrpd.jp/static/do/index.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
4位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ