リハ協ブログ 2015年04月

[英国]総選挙後の福祉手当削減計画

 2015年5月7日に総選挙が予定されていますが、キャメロン首相率いる第1党の保守党は、財政立て直しのために2017-2018会計年度までに、福祉制度から12億ポンドの予算を削減するとしていますが、その詳細には選挙後に明らかにするとしていました。しかし、BBCが労働年金局の職員から得た情報によれば、次のような内容含むものであるとのことです。
・介護者手当受給者数を40%削減することで1億ポンドの削減
・雇用支援手当と求職者手当の拠出分の手当額を削減することで1.3億ポンド
・障害者手当(障害生活手当、個人自立手当と参加手当)に課税することで1.5億ポンド
・労災補償制度を企業の運営する制度に転換することで1億ポンド
・児童手当は3人目以降支給しないことで1億ポンド 等
詳しいことはhttp://www.bbc.com/news/uk-32084722をご覧ください。(寺島)

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[アクセシビリティ]アクセシブルなホテルの割合の高い国ランキング

 オンライン・トラベル・エージェンシーのアゴダは、アクセシブルなホテルの比率の高い国のランキングを公表しました。これは、同社が運営するオンラインホテル予約サイトに100以上ホテルが登録されている国について調査したものです。その結果は次のとおりです。
 ①アメリカ合衆国 77%
 ②アラブ首長国連邦 55%
 ②アイルランド 55%
 ②ポルトガル 55%
 ⑤ニュージーランド 54%
 ⑥モーリシャス 53%
 ⑦イタリア 52%
 ⑦ノルウェイ52%
 ⑨プエルトリコ 51%
 ⑩イスラエル 49%
 アクセシブルなホテルの割合が低いのは次のとおりです。
 ①ラオス 1%
 ②モンテネグロ 7%
 ③グルジア共和国 8%
 ③ボリビア 8%
 ③カンボジア 8%
 ③アゼルバイジャン 8%
 ③タイ 8%
 ③ネパール 8%
 ⑨ベトナム 9%
 ⑩ウルグアイ 10%
 日本は、不明です。詳しいことを知りたいときは、nico.marco@agoda.comに問い合わせて欲しいとのことです。下のサイトを参照してください。(寺島)
http://mediaroom.agoda.com/agoda-com-study-reveals-countries-with-most-handicapped-accessible-hotels/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[米国]教育現場での虐待を禁止する法律等の有無に関する調査

 自閉症全国委員会(Autism National Committee:AutCom)は、米国の教育現場での拘束や隔離を禁止する法令等が各州に整備されているのかなどを調べた調査結果を公表しました。
 米国では、教育現場で、拘束や隔離が行われており、拘束された状態で窒息死したり、隔離された部屋で自殺したりという事件が起こったため、各州では、それを禁止する法律が整備されてきています。しかし、法律のない州もあり、また、あっても施行規則などが十分に整備されておらず、実際上は機能していない州もあります。
 そのために自閉症委員会は、2012年からこのような法令の有無を調査しており、今回の公表は2015年3月18日時点での状況を、障害児に対する拘束や隔離を禁止しているのか、すべての児童に対するそのような対応を禁止しているのか、緊急時は許されているのかなどについて調査しています。 報告書は下のサイトからダウンロードできます。(寺島)
http://www.autcom.org/pdf/HowSafeSchoolhouse.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]ロンドン市が障害者タクシーカード制度を変更

 ロンドン市は、2015年4月1日から障害者タクシーカードの制度を変更しました。変更内容は、自治区により異なります。例えば、ハロー(Harrow)自治区では、最高補助額を8.30ポンドから9.1ポンドに引き上げたため、最低自己負担額の2.50ポンドを加えると11.60ポンドまでタクシーを利用できるようになったとのことです。また、バーキン・ダーゲンハム(Barking & Dagenham)自治区では、B・Cランクの利用者にはタクシー券を発行しないようになっため、これらに該当する障害者は、タクシーを利用できなくなるとのことです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.londoncouncils.gov.uk/taxicard-scheme-changes-20152016

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[東京コレクション]障がいなどに関わらず誰もがファッションを楽しめる 渋谷

先月3月18日(水)に渋谷ヒカリエのホールで開催される東京コレクションに本協会の参与他、計4人で参加して来ました。テンボデザイン事務所からの紹介で、招待状をいただいたためです。テンボデザイン事務所は”テンボ”というブランドで年齢・体型・障がいなどに関わらず、 誰もがファッションを楽しめるピープルデザイン(世の中の全ての人にむけたデザイン)の洋服を作っております。当日はデザイナーさんをはじめ多くの関係者が集まっておりました。楽しい会になりましたので、皆様にもご紹介いたします。
 以下、テンポさんからの紹介文になります。

【ユニバーサルデザイン】の”ユニバーサル”という言葉自体が、障がい者を連想させていると感じ、テンボでは【ピープルデザイン】という言葉を掲げています。
デザイナーは私どもの代表でもあります 鶴田能史(つるたたかふみ)が担っております。経歴も、コシノ3姉妹で有名なコシノヒロコの下でデザイナーとして勤務し経験豊富であります。 テンボは立ち上がったばかりのブランドではありますが、ユニバーサルファッション協会国際ユニヴァーサルデザイン協議会の会員でもあります。 テンボの目標は 2020年の東京パラリンピック・オリンピックの開催に向けて、日本全体のユニバーサルファッション業界の活性化です。諸外国に比べ、日本はまだまだ遅れております。 テンボが第一人者となり先駆けて挑戦していく事で、少しでもピープルデザインとして世の中に興味を抱いていただけたらと思っております。2020年パラリンピック招致プレゼンテーターとして、招致に貢献された佐藤 真海様とともに、私共もファッションを通じて貢献したいと考えております。東京コレクションとは、世界5大コレクションの一つで、日本一の格式あるファッションショーになります。 今回のコレクションでは、全盲の方の情報をファッションショーにて伝えていきたいと思っております。
実際に視覚障がいの方や、車椅子ユーザーの方にモデルとして出演して頂きます。テンボは、コレクションに様々な障がい者の情報を入れ込み障がいを抱えた人、健常者を含め全ての人へ発信していこうと考えております。
デザイナーの鶴田は、昨年ハハというブランドを立ち上げ、ユニバーサルファッションを提案しました。2015春夏コレクション テーマ『輪廻』 車椅子、マタニティ、隻腕、喪服の提案をしました。
http://www.youtube.com/watch?v=F_32dKcoxpo
2014秋冬コレクション テーマ『ユニバーサルモード』 車椅子、点字のアイデア、車椅子のウェディングの提案をしました。
http://www.youtube.com/watch?v=wK5jLYiDXrg

問い合わせ先:
テンボデザイン事務所 tenbo
プレス 毛綱愛美
mozuna@tenbo.tokyo
TEL / FAX 0422-27-2344
URL http://www.tenbo.tokyo/

(MH)

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[新年度]どうぞよろしくお願いいたします。車イスの新スタッフも元気に入会!

 本協会は4月より新年度を迎えました。車イスの新スタッフも元気に入会しました。職員一同、リハビリ・障害者のためにがんばって行きますので、何卒、よろしくお願いいたします。
 また、本協会に個人会員※という形で応援できる方は、ぜひご入会をお願いします。
 会員には、本協会の月刊誌「ノーマライゼーション」※※・季刊誌「リハビリテーション研究」が送られてきます。また、会員専用サイトから、本協会の月刊誌「ノーマライゼーション」・季刊誌「リハビリテーション研究」のバックナンバーが閲覧できます。その他の特典では、メルマガでの情報提供や本協会のセミナー・研修会へご招待(無料)いたします。 
新年度の機会に情報収集にもいかがでしょうか?
 会員のお申し込みはこちらまでhttp://www.jsrpd.jp/static/kaiin/kojin.html
 総務課:T : 03(5273)0601  F:03(5273)1523  E mail : soumu@dinf.ne.jp
(MH)

※A会員: 3,000円  会員専用サイト等
B会員: 9,000円  会員専用サイト等 + 月刊誌「ノーマライゼーション」
B2会員:4,500円  会員専用サイト等 + 季刊誌「リハビリテーション研究」
C会員:13,500円 会員専用サイト等 + 月刊誌「ノーマライゼーション」+ 季刊誌「リハビリテーション研究」
(既に定期購入されている方からの切り替えも受付しています。)

※※月刊誌/季刊誌に関する問い合わせ先:広報課 T:03(5273)0601 F:03(5273)1523
   E mail : norma-riha@dinf.ne.jp
   月刊誌ノーマライゼーション http://www.normanet.ne.jp/~info/m_norma/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[米国]小学校教員が教職員用トイレを障害生徒が使わないように訴え

 ピッツバーグ・ポスト・ギャゼット紙2015年3月26日9:39PM版によれば、ペンシルバニア州ムンホールのパーク小学校(Park Elementary School in Munhall)の職員組合が、障害のある生徒が教職員用トイレを使うことは、労働協定に違反するとしてスチール・バレー(Steel Valley)教育委員会に訴えていましたが、同日、委員会で投票が行われ、職員組合の訴えは否決されたとのことです。
 教職員用トイレのある階には障害者用トイレがないために、車いすの障害生徒(キャサリン・モンゴメリさん11歳)のために教職員用トイレを使用させていましたが、これは、軽食堂、ラウンジおよびトイレなどを教職員に排他的に利用させるという労働協約に違反していると訴えたものです。訴えたのは18人の女性教師で、その教員の中には、障害支援教員も2人含まれているとのことです。詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.post-gazette.com/news/education/2015/03/26/Steel-Valley-teachers-unhappy-about-disabled-student-using-bathroom/stories/201503260039

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
1位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ