リハ協ブログ 情報

[日本]厚生労働省が地域生活支援事業の実態を把握する事業を創設

 平成31年3月7日に開催された障害保健福祉関係主管課長会議において、厚生労働省は、障害者総合支援法の地域生活支援事業の実態を把握するための事業を平成32年度に実施することを報告しました。
 事業名は、「地域のニーズに基づく効果的な地域生活支援事業実施のための実態把握事業」で、地域ごとの特性をより施策に活かす観点から、地方公共団体自らによる“移動支援”、“日常生活用具給付等”、“日中一時支援”(地域生活支援事業のうち事業規模の上位3事業)について、利用者のニーズ等を的確に反映した効果的な運用のための施策の検討・企画のための実態把握を行うとしています。予算事業で実施され、補助率は10/10で、厚生労働省が費用のすべてを負担します。
 事業では、地域生活支援事業運営協議会(仮称)を設置し、基礎的調査、利用者の満足度等調査等を実施するとのことです。
 地域生活支援事業は、都道府県と市町村が主体の事業であるため、それぞれの自治体が独自のサービスを提供していることから、その実態把握に期待が持てます。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
 https://www.mhlw.go.jp/content/000484866.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[米国]認定自閉症センターに指定されているウォーターアミューズメントパーク

 フロリダ州オーランドにあるAquaticaというウォーターアミューズメントパークは、いろいろなウォータースライダー、波のあるプール、川下りなどが楽しめる大きなアミューズメントパークですが、だれもが楽しめるテーマパークという考え方から、近年、障害児の受け入れに力を入れているとのことです。
 肢体不自由児に対してはトイレなどの施設のバリアフリーを進めたり、車イスのレンタルをしています。また、自閉症児に対しては、調光機能を備えた音を遮断した静養室を用意したり、パークの一部に感覚刺激の少ない場所をつくったりしています。また、専用のガイドブックを作成し、それぞれのアトラクションについて、触覚、味覚、聴覚、臭覚、視覚のそれぞれの刺激の強さについての10段階で表示しています。
 このパークは、国際資格認定継続教育基準委員会(International Board of Credentialing and Continuing Education Standards:IBCCES)の認定自閉症センター(CAC)に指定されているとのことです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://aquatica.com/orlando/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]教育省が特別教育のフリースクールを強化

 教育省(Department for Education)のDamian Hinds長官は、2019年3月11日、特別フリースクールに関するプレスリリースを発表しました。
 それによれば、全国に37の特別フリースクール(special free school)と2つのオールタナティブプロビジョンフリースクール(alternative provision free school)が新しくオープンする予定で、発達障害など複雑なニーズをもつ児童や親が、全国どこの地区からもそのような学校を選択できるようになり、これにより、約3500人分の席が確保されるとのことです。
 ご存じのように、フリースクールは、英国独特の学校制度で、民間組織が、自由な発想で設立できる学校で、一定の条件を満たせば運営費として公費が支給されます。2010年に誕生したキャメロン政権の教育政策の目玉として登場しました。だれでも自由に学校を設立できるようにし、学校の自律性を尊重することで、親や子どもの選択の機会を拡げ、教育の平等や質の向上を目指したものです。
 このフリースクールは、特に障害児教育のためのものではありませんが、Damian Hinds長官は、自閉症、重度の学習困難、精神疾患などのの複雑なニーズを持つ生徒などに対する質の高い特別教育を実施する特別フリースクールの充実に力を入れており、昨年、12月には、それにともなう特別予算を地方自治体に計上することを約束しました。その結果、新しく39のフリースクールが開設されることとなったとのことです。最終的には、125のフリースクールができるそうです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.gov.uk/government/news/thousands-of-places-created-in-new-special-free-schools

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[米国]テキサスA&M大学が障害学生向け図書の作成に100万ドルの助成金を獲得

 テキサスA&M大学(Texas A&M University)の運営するニュースサイトTexas A&M TODAY(2019年3月19日投稿)によれば、同大学の障害者サービス局と図書館は、障害のある大学生および教員のためのアクセシブルな教材を作成する連合リポジトリを開発するための100万ドルの助成金を獲得したとのことです。
 この助成金は、Andrew W. Mellon財団によるもので、アクセシブルな教材を作成している全米の7つの大学全体に対して支払われます。
 テキサスA&M大学は、2014年秋以来、従来の印刷物を読むことができない、視覚障害、学習障害、身体障害のある学生の要望の高まりに応えてアクセシブルな教材を作成してきました。
 教材の作成には、人手と自動化の作業が必要で、膨大な時間もかかるため、2年間のプロジェクトを通して、参加大学はアクセシブルな資料の統合リポジトリを開発し、役割分担により、コストを削減し、作業の重複を防ぎ、学生の要望に迅速に対応することととしています。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://today.tamu.edu/2019/03/13/grant-paves-way-for-disability-access-to-textbooks/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[福祉機器]Googleが視覚障害者が周囲の情報を認識できるアプリを発売

 2019年3月12日、Googleは、視覚障害者が周囲の情報を識別するのに役立つアプリLookoutの発売を開始しました。このアプリを動作させたPixelモバイルホンをストラップで首から吊るしたり、シャツの前ポケットに入れておくと、目の前に現れる、人、テキスト、物などを音声で説明したり、読み上げたりしてくれます。いちいち、ボタンを押したりする必要はありません。
 例えば、目の前に椅子やテーブルがあることを知らせたり、買い物のときは、バーコードや紙幣を読み上げたりします。
 昨年、Google I / OでLookoutを発表して以来、品質の向上に取り組んできた結果、発売に至ったのことです。
 現状では、Pixel利用者のみが使用でき、米国内のみの発売ですが、近いうちに他の国でも発売するとのことです。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.blog.google/outreach-initiatives/accessibility/lookout-discover-your-surroundings-help-ai/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[ユニセフ]障害児が支援工学技術を活用できるための緊急声明

 2019年3月7日、ユニセフは、緊急声明を出しました。声明のタイトルは、「中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、中央アジアの障害児の75%は、インクルーシブな質の高い教育から取り残されている(75% of children with disabilities in Eastern and Central Europe and Central Asia left out of inclusive, quality education)」です。
 この声明では、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、中央アジアの約510万人の障害児の少なくとも75%は、インクルーシブな質の高い教育から排除されており、この問題を解決するために、支援工学技術への投資を求めています。
 ユニセフによれは、これらの地域の何百万人もの障害児が、学校に行っていなかったり、行っても途中で退学したり、また、特別学校に隔離されていたりしています。しかし、読み上げ機器、タブレット、安価な軽量の車椅子、脳とコンピューターをつなぐインターフェイスなどの支援工学技術は、これらの問題を解決し、教育を受ける基本的な権利を獲得できる障害児の数を飛躍的に増やすことができる可能性を秘めているとしています。
 そのために、ユニセフは、障害児が支援工学技術とその製品を活用できるように、政府、民間組織、その他の関係者に次のような対応を求めています。
 ・支援工学技術がどのように児童を支援でき、どのような機器が開発されているかについてより理解できるようにするための調査研究をさらに実施すること
 ・すべての児童が支援工学技術を活用できるようにするための法律や政策を採用すること
 ・支援工学技術を高価なものとしないように資金提供と助成をおこなうこと
 ・供給、質、サービスを確保するための制度を確立すること
 ・技術を活用し、更新し、修理ができるよう技術者を育成すること
 ・支援工学技術を活用したサービスや製品に関する政策や開発において障害児およびその家族を参加させること
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/Children%20with%20Disabilities%20out%20of%20School_UNICEF_PR_FINAL.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[バリアフリー]第1回移動等円滑化評価会議開催

 2019年2月26日、国土交通省は、第1回「移動等円滑化評価会議」を開催しました。この会議は、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(平成18年法律第91号)」第4条第1項及び第52条の2に基づくもので、関係行政機関及び高齢者、障害者等、地方公共団体、施設設置管理者その他の関係者が定期的に、移動等円滑化の進展状況を把握し、及び評価するために設置されたものです。
 委員は、障害者団体、市町村、交通事業者、ホテル事業者の代表、有識者などの35名で構成されています。座長は、秋山哲男中央大学研究開発機構教授です。
 この会議には、北海道分科会、東北分科会、関東分科会など、10の地域分科会も設置され、それぞれの地域で運営されます。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
 http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_tk_000160.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]脊髄損傷者数の新しい推計

 英国の脊髄損傷協会(Spinal Injuries Association)は、NHSと他の国々からのデータを使用し、英国の脊髄損傷者の数を新しく推計しました。それによれば、英国で、人生を変えるほどの脊髄損傷を負ったか、そのように診断される人の数は年間2,500人であり、英国全体の脊髄損傷者の数は5万人とのことです。これまで、毎年1,000人、全体で4万人であると広く信じられていましたが、これまでのような交通事故やスポーツ事故に加え、高齢者の転倒、馬尾症候群、癌などが増えているためであるとしています。
 くわしくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://ablemagazine.co.uk/huge-increase-in-numbers-of-spinal-cord-injured-people-new-estimates-reveal/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[福祉機器]顔の表情を変化させて操作する電動車椅子

 HOOBOX Roboticsというサンパウロに拠点を置く会社が、顔の表情を変化させることで操作できる電動車椅子を開発しました。
 Wheelie7というキットは、カメラのついた棒のような形をしていて、操作者の顔にカメラを向けて電動車椅子にセットすると、操作者の顔の表情を読み取ります。例えば、笑う、口をとがらせる、眉を挙げるなどの表情と右旋回、左旋回、前進などの操作を対応させておけば、顔の表情で車イスを操作できるというものです。セットには7分しかかからないとのことです。
 このブログでも、舌の動きで操作する電動車椅子などを紹介してきましたが、表情の変化で操作する電動車椅子は世界初です。使用料は月300ドルとのことです。
 詳しいことは、下のサイトをご覧ください。
http://www.hoo-box.com/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[旅行]車イス旅行に役立つサイト

 Wheelchair Travelというウェブサイトには、車イスで旅行する際のガイド情報が提供されています。そのなかに、車イスでアクセシブルな世界の都市の紹介があります。
 アメリカ、ヨーロッパ、アジア・太平洋、アフリカ・中東に分かれていて、おすすめの都市の公共交通機関、車イスタクシー、歩道、催し、ホテルについての評価が示されています。
 アジアでは、バンコク、北京、香港、クアラルンプール、プノンペン、ソウル、上海が紹介されています。残念ながら日本の都市はありません。
 必ずしも一般的なアクセスが良い都市を紹介しているのではないところがおもしろいかもしれません。
 例えば、車イスタクシーとして、カンボジアに1台しかない車イス用トゥクトゥクが紹介されています。見ていて楽しいです。
 下のサイトにあります。(寺島)
 https://wheelchairtravel.org/destinations/#asia

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]マイク・オリバー教授逝く

 THE NATION紙2019年3月8日号によれば、グリニッジ大学の障害学の名誉教授マイク・オリバー教授が、2019年3月2日に亡くなられたとのことです。74歳でした。
 周知のように、マイク・オリバー教授は、「障害の社会モデル」を最初に定義しました。また、障害学の創設に貢献した研究者として、また、障害者運動の活動家として世界的に有名です。
 心よりご冥福をお祈り申し上げます。(寺島)
 https://www.thenation.com/article/mike-oliver-obit-disability/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[台湾]台北市が高齢者および障害者にバスやタクシーの運賃を割引

 ラジオ・タイワン・インターナショナルの2019年2月22日の記事によれば、台北市は、2019年3月1日から、高齢者および障害者に対してEASYCARDの割引を始めるとのことです。
 EASYCARDは、台北市の地下鉄、バスやタクシーの運賃の支払いに使えるプリペイドカードです。また、ほとんどのコンビニエンスストアで商品の支払いにも使用できます。
 市内のダブルデッカー観光バスに乗車するたび、また、高齢者はタクシーに乗るたびにも、最高50ニュー台湾ドル(1.70米ドル相当)が割り引かれます。
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://en.rti.org.tw/news/view/id/2000657

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
6位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ