リハ協ブログ

[南アフリカ]障害者の中等後教育に関する政策枠組みを公表

 少し前の情報ですが、2018年3月、南アフリカの高等教育・訓練省(Department of Higher Education and Training)は、「障害者に関する中等教育後の教育と訓練システムに関する戦略的政策枠組み(The Strategic Policy Framework on Disability for the Post-School Education and Training System)」を公表しました。
 南アフリカ政府は、21世紀の統合された思いやりのある社会を目指しており、障害者が社会の主流からはずれ、差別されることのないよう、職場、社会、政治、スポーツにおいて障害者を包含していく必要性を強調しています。具体的には、障害者の2%が能力に応じて、就職できることを目指しています。
 しかし、実際には、中学や高校を卒業して大学や専門学校に進学すると、建物がアクセシブルでなかったり、支援サービスが不足しているなど多くの問題をかかえているとのことです。そこで、このたび、障害者の中等教育後の教育における政府の政策枠組みを初めて作成し公表したとのことです。
 2011年のセンサスによれば、南アフリカの人口は3,800万人で、そのうち約290万人は障害者であり、人口の7.5%であるとのことです。また、20-24歳の重度障害者で教育機関で教育を受けているのは同年代の20%にすぎないとのことです。
 南アフリカの障害者関係の制度の歴史や法律が英語で書かれていますので、興味のある方には参考になるかもしれません。下の、南アフリカ政府のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.dhet.gov.za/SiteAssets/Gazettes/Approved%20Strategic%20Disability%20Policy%20Framework%20Layout220518.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]障害学生のために大学入学ガイド

 Disability Rights UKは、障害学生が高等教育を受けるための無料のガイドブック(2018年版)を発刊しました。タイトルは「高等教育へ2018(Into HE 2018)」で、授業料、手当、在籍期間、通学・通信などの学習形態、大学や学部の選択、障害学生支援の内容、見学、入学申し込み方法、障害の開示方法、奨学金、経済的支援、入学後の対応、活用できる情報・制度、インターンシップなどさまざま情報が含まれています。
 Disability Rights UKは、障害者団体で、Disability Rights Handbooksという本を毎年発刊しています。この本は、利用者の立場に立って英国の障害者制度の利用方法を詳しく解説していますので、英国の障害者制度を詳しく知るには非常に役にたつ本です。筆者も毎年購入していました。amazonで購入できます。
 Disability Rights UKは、さまざまな活動を行っており、障害学生支援もその一環です。そのウェブサイトは、https://www.disabilityrightsuk.org/です。
 また、「高等教育へ2018」は次のサイトにあります。(寺島)
https://www.disabilityrightsuk.org/sites/default/files/pdf/IntoHE2018.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[アルメニア]障害女性の政治参加に関するレポートを公表

 2018年8月15日、アルメニアのアゲイト女性障害者権利擁護センター(Agate Rights Defense Center for Women with Disabilities)は、アルメニアの女性障害者の政治参加状況に関する調査報告書を発表しました。この調査のタイトルは、「アルメニアの女性障害者の政治参加:バリアと勧告(Political Participation of Armenian Women with Disabilities: Barriers and Recommendations)で、国際選挙制度支援財団(International Foundation for Electoral Systems:IFES) と米国国際開発庁(United States Agency for International Development:USAID)の支援によって行われました。
 報告書によれば、アルメニアの女性障害者の政治参加は政府による支援がないこと、政治参加ができれば非常に活動的に行動すること、それ故に政府がそれを支援すべきであるということなどが結論として示されています。また、女性障害者の政治参加を阻んでいるものとして、次のようなものが挙げられています。
 ○投票所がアクセシブルでない
 ○視覚障害女性や聴覚障害女性に選挙情報が届かない。
 ○障害者やその能力についてのとらえ方がステレオタイプ
 ○家族が障害者を保護しすぎる傾向がある
 ○公共交通機関を利用できない
 ○障害女性自身に自信がない
 ○社会サービスの不足
 ○インクルシブな法律の不足
 ○学校で障害者の権利などについて教えていない など
 詳しくは、下の国際選挙制度支援財団のウェブサイトをご覧ください。
http://www.ifes.org/publications/new-report-highlights-barriers-meaningful-participation-armenian-women-disabilities

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[米国]映画の登場人物の障害者の割合などを調査

 南カルフォルニア大学コミュニケーション・ジャーナリズム校のアネンベルグ・インクルージョン・イニシアチブ(Annenberg Inclusion Initiative of the University of Southern California’s Annenberg School for Communication and Journalism)は、2007年から2017年までの人気映画1,100作品について、登場人物の性別、人種、民族、障害やLGBTの有無等について調査した結果を研究報告書としてまとめました。
 報告書のタイトルは、「1,100の映画作品における不平等:2007年から2017年までの、性、人種/民族、LGBT、障害についての調査(Inequality in 1,100 Popular Films: Examining Portrayals of Gender, Race/Ethnicity, LGBT & Disability from 2007 to 2017)」です。
 そのうち、障害者についてみれば、米国の障害者の人口比は18.7%であるにもかかわらず、セリフのある登場人物の2.5%が障害者である。その内訳は、身体障害が61.6%、精神障害が26.8%、コミュニケーション障害が30.4%であり、男性は69.6%、女性が、30.4%である。また、主人公が障害者であった作品は14しかなかったなどを報告しています。
 障害以外にも、性別や人種など、また、映画監督や脚本家の性別などについても言及しています。詳しいことは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://assets.uscannenberg.org/docs/inequality-in-1100-popular-films.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

【ICT支援技術】駅構内案内システム スマホのアプリで視覚障害者を案内

東京メトロとプログレス・テクノロジーズが、共同でQRコードを使った地下鉄駅構内の案内システムを発表しました。

視覚障害向け駅構内ナビゲーションシステム「shikAI」の実証実験が、有楽町線辰巳駅で、8月6日から開始されたそうです。
アプリがスマホのカメラを用いて、駅構内の点字ブロック上に配置したQRコードから位置情報を読み取って、進む方向や距離を音声で伝えることで、実現しているそうです。

地下鉄の駅構内での移動案内については、乗り換え等もあるため、安全に確実に移動したいというニーズは、大きいのではないかと思います。
実証実験の成果に期待したいと思います。

詳細は、以下を参照ください。

http://www.tokyometro.jp/news/2018/192996.html

(西澤)

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ