リハ協ブログ

[国交省]公共交通機関の「バリアフリー整備ガイドライン(旅客施設編・車両等編)」を改訂

 令和2(2020)年3月31日、国土交通省は、公共交通機関の「バリアフリー整備ガイドライン(旅客施設編・車両等編)」を改訂しました。同ガイドラインは、平成30年度3月に改訂されましたが、「視覚障害者の誘導案内」は検討すべき課題の一つとして残されていました。
 そこで、国土交通省は、令和元年8月1日に設置した「移動等円滑化のために必要な旅客施設又は車両等の構造及び設備に関する基準等検討会」における「視覚障害者の誘導案内」に関する検討のとりまとめ内容を反映させ、加えて、ユニバーサルデザインタクシーのスロープ等のバリアフリー設備の技術向上等を踏まえて、再度バリアフリー整備ガイドラインを改訂したとのことです。そのため、今回の改訂の主な改訂内容は、①視覚障害者のための案内設備、②ユニバーサルデザインタクシーのスロープの耐荷重の2つです。
 具体的には、次のようになっています。
①視覚障害者の誘導案内
 ・混在するホームドアの設置状況をエレベーター・エスカレータの音声案内装置や階段の手すりの点字により案内することを標準化する。
 ・階段においても音声案内装置により案内することを推進する。
 ・職員等が不在となる時間帯がある改札口や無人の旅客施設では職員等とやりとりができるように通話装置(インターホン等)を設置することを標準化する。
 ・通話装置(インターホン等)又は触知案内図の位置を知らせる音声案内装置の設置を標準化する。
②ユニバーサルデザインタクシーのスロープの耐荷重
 ユニバーサルデザインタクシーに搭載する車椅子乗降用のスロープの耐荷重300㎏以上を標準化する。(改訂前は耐荷重200㎏以上を標準、300㎏以上を推進)
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000234.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[英国]大ロンドン庁の運輸委員会がアクセシブルな輸送に関するレポートを公表

 2020年3月18日、大ロンドン庁(Greater London Authority)運輸委員会(Transport Committee)は、ロンドン市の公共交通のアクセシビリティーを改善するための勧告をまとめたレポートを公表しました。
 首都ロンドンは、32のロンドン区およびシティ・オブ・ロンドンの33の地方行政区画により組織されており、ロンドン市長とロンドン議会から成る大ロンドン庁が地方自治を担っています。
 同レポートのタイトルは、「段差フリーからストレスフリーへ(FROM STEP-FREE TO STRESS-FREE)」で、ロンドンの公共交通機関をアクセシブルでインクルーシブにするための様々な提言がなされています。
 例えば、ロンドン交通局と各鉄道会社は、2020年8月までにビジネス計画にインクルーシブデザインをどのように取り入れたかを報告すること、同じく、アクセシブルな移動に関する統合された情報をリアルタイムに提供すること、同じく、共同して標準化されたスタッフ訓練方法を開発し実施することなどが提言されています。
 詳しくは下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.london.gov.uk/about-us/london-assembly/london-assembly-publications/step-free-stress-free-accessible-inclusive-transport

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[ゲーム]ソニーが視覚障害者向け触覚コントローラーを開発

 2020年3月12日の米国特許出願公開によれば、ソニー・インタラクティブ・エンターテインメント社(Sony Interactive Entertainment)は、小型の触覚ディスプレイを装備しており視覚障害者が使用できるプレイステーション用ゲームコントローラーの特許を出願したとのことです。
 このコントローラーは小さな触覚ディスプレイを搭載しており、視覚障害者が指先でさわりなからゲームを楽しむことができるようになっています。
 これまで開発されてきた視覚障害者向け機器は、視覚情報を音声や点字に変換するなどしていましたが、それらの方式では、ゲーム操作などの素早い動きに対応できないことから、触覚ディスプレイに画像に近い形で表示して、視覚情報をフィードバックさせるようにしたとのことです。
 近年eスポーツを楽しむ障害者が増えてきているなかで、視覚障害のある人びとのゲーム機操作が画期的に改善されることが期待されます。さらに、現状では点字ディスプレイの点字出力セルは高価なため、購入するのに高いハードルがありますが、このような触覚ディスプレイが量産されて低価格で供給されれば、点字ディスプレイが安価になったり、画像の表示に利用できるようになる可能性があります。
 特許出願公開サイトは、下のとおりです。
http://www.freepatentsonline.com/20200078674.pdf

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

記事の続きを読む ≫

タグ/

[厚労省]平成30年度「新生児聴覚検査」の実施状況等に関する調査結果を公表

 令和2(2020)年3月31日、厚生労働省は、平成30年度の新生児聴覚検査の実施状況等に関する調査結果を公表しました。
 新生児聴覚検査は、「新生児聴覚検査の実施について」(平成19年1月29日雇児母発第0129002号厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課長通知)に基づき実施されており、聴覚障害の早期発見・早期療育を図るために、産科など分娩取扱機関においては、おおむね生後3日以内に行う初回検査を実施することや、初回検査で要再検となった場合は、おおむね生後1週間以内に「確認検査」を実施するなどを求めています。
 同通知では、市町村に対して同検査の周知啓発および費用負担を求めており、また、都道府県に対しては、行政機関、療育機関、医療機関、教育機関、地域の医師会、患者会等の関係機関・関係団体から構成される協議会の設置を求めています。
 同調査は、市町村の実施状況を調査しています。調査結果の主なポイントは、以下のとおりです。
○平成30年度において、新生児聴覚検査の受検の有無を把握している市区町村の割合は98.9%(1,722市区町村/1,741市区町村)(平成29年度:94.77%(1,649市区町村/1,741市区町村)
○平成30年度において受検の有無を把握している市区町村のうち、受検者数を集計している市区町村は1,585市区町村(平成29年度:1,491市区町村)
 上の1,585市区町村における、出生児数に対する受検者数の割合は86.9%(677,709人/779,459人)(平成29年度:81,8%(507,047人/619,692人))
○新生児聴覚検査について、公費負担を実施している市区町村は、平成30年度は38.3%(675市区町村/1,741市区町村)(平成29年度:22.7%(395市区町村/1,741市区町村)
○検査により把握した要支援児に対する療育が、遅滞なく実施されるための指導援助を行っている市区町村の割合は78.1%(1,360市区町村/1,741市区町村)でした。(平成29年度:57.8%(1,006市区町村/1,741市区町村)
 詳しくは、下のサイトをご覧ください。(寺島)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10564.html

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

[調査]アイメイト協会がアイメイト(盲導犬)使用者へのアンケート結果を公表

 令和2(2020)年3月27日、公益財団法人アイメイト協会(代表理事:塩屋隆男)は、「全国アイメイト(盲導犬)使用者へのアンケート調査2020」の結果を公表しました。この調査は、全国の現役アイメイト(盲導犬)使用者202名を対象に、2019年4月1日から2020年2月の期間における入店拒否の経験などを中心にアンケートしています。
 アンケート期間は2020年2月10日(月)から3月10日(火)までで、電子メールまたは郵送(墨字、点字、音声CD)により調査しました。有効回答数は、92(男43、女49)です。
 調査結果のポイントは、次のとおりです。
①「障害者差別解消法」施行から4年目にも拘わらず、いまだに6割以上が入店拒否を経験している
②入店拒否トップは、昨年に引き続き「飲食店(居酒屋、喫茶店含む)」(77.2%)
③障害者差別解消法の理念と目的達成に向け、「さらなる取り組み」を求める声が8割以上
④入店を拒否した店側がアイメイト使用者に伝えた理由としては、『前例がない』『犬が苦手/犬アレルギーのお客様がいる』『以前、別の使用者が入店した際にトラブルがあった』『食べ物を扱っている』『スペースが狭い』などの回答があった。
⑤「東京オリパラ」後に最も必要なことは、「教育を通じた障害者への理解促進」(41人、44.6%)
 なお、同協会は、2016以降、同調査を毎年実施しているとのことです。
 詳しいことは、下のサイトをご覧ください。
https://www.eyemate.org/blog/1229/

本協会主催セミナー・研修会にチラシなどを置きませんか?

タグ/

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
2位
アクセスランキングを見る>>

ランキング集計結果

ブログランキングならblogram


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者へ
にほんブログ村

くる天 人気ブログランキング

運営者情報

公益財団法人
日本障害者リハビリテーション協会
住所:〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX: 03-5273-1523
URL:http://www.jsrpd.jp/
メールフォームによるお問い合わせ

このブログでは、国内外の障害者関連情報を提供しております。

免責事項

当ブログの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い申し上げます。
当ブログの掲載商品についてのトラブルは、一切の責任を負いかねますのでご了承願います。
尚、掲載商品に関するお問合せもリンク先に御座います企業宛までお願い申し上げます。
当ブログ管理者側ではお答え致しかねますのでご了承願います。

アクセスカウンター

月別アーカイブ